メトロポイント完全ガイド!効率的な貯め方とお得な交換先・使い方を徹底解説

メトロポイント 電子マネー・ポイント

東京メトロは、東京中心部~周辺地域に渡る9つの地下鉄を運営しているので、移動手段として利用する人は多いですよね。

メトロポイントは、東京メトロの利用などで貯まるポイントで、PASMOまたはTo Me CARDを持っているとポイントを貯められますよ。

ところが、メトロポイントを貯めたくても…

  • なかなか貯まらないんだけど…
  • 東京メトロに乗る以外には貯まらないの?
  • 使い道がわからない

このように疑問や不安があって、メトロポイントを貯めるチャンスを逃しているかもしれません。

そこで、このページでは、メトロポイントの6つの貯め方と3つの使い方について詳しく解説しています。

これさえ読めば、メトロポイントを賢く貯める方法がわかるので、どんどん貯まってお得に使いこなせますよ!

スポンサーリンク

東京メトロの「メトロポイント」を簡単解説!

メトロポイントとは

メトロポイントを貯めたり使ったりするには、メトロポイントグラブに登録した「PASMO」か、メトロポイントPlusに登録した「To Me CARD」のどちらかが必要です。

これらがあれば、東京メトロや加盟店、PASMOのチャージなどでメトロポイントを貯められますよ。

会員サイトと多機能券売機で簡単に登録できるので、手順については下にまとめておきますね。

メトロポイント登録方法

メトロポイントの有効期限は最長2年間

メトロポイントには最長2年の有効期限があり、これを過ぎると失効してしまいます。

ポイントが反映した日から、翌々年の3月末まで有効です(1~3月のポイントは翌年の3月末まで)。

例えば、2018年の4月から2019年3月までの、1年間に貯まったメトロポイントの有効期限は、2020年3月末となります。

失効するタイミングは3月末と覚えておき、そのときまでにメトロポイントを使えば大丈夫ですよ。

ポイント反映は毎月11日
メトロポイントは、利用したその日に反映するのではなく、集計してから毎月11日に反映されます。会員サイトの「メトロポイント口座」で確認できますよ。

残高や履歴の確認は「メトロポイントクラブ」から

メトロポイントの残高や履歴は、メトロポイントクラブの会員サイトから確認可能です。

ログインすると、トップページに現在のポイント残高が表示されますよ。会員サイトではポイントの履歴照会・会員情報の確認・変更もできます。

または、駅にある多機能券売機でも残高や履歴をチェックできるので、こちらを使いたい方は操作画面もチェックしてみてくださいね。

ログイン情報は忘れずに
仮登録のときに発行される「お客様番号」はログインに必ず必要です。また、会員サイトや券売機で使う「WEBパスワード」「駅パスワード」は別物なので、間違えないように保管しておきましょう。
スポンサーリンク

貯まらない人必見!メトロポイントの貯め方5つを徹底解説

貯まりやすさ手軽さ
東京メトロ利用ボーナス丸二重丸
クレカの乗車ポイント二重丸二重丸
メトロポイントPlus加盟店丸丸
PASMO定期券購入丸丸
ポイント移行二重丸三角

東京メトロを利用して貯めるのはもちろんですが、ほかにもメトロポイントを貯める方法はたくさんあります。

なかなか貯まらない人は、これらの方法を知らないだけかもしれません!

加盟店の利用やPASMOチャージ・定期券、ポイント移行など、さまざまあるので詳しく解説していきますね。

メトロポイントの5つの貯め方

1. 東京メトロの利用ボーナスで貯める

利用ボーナス一覧
デイリーポイントホリデーポイントボーナスポイント
適用条件毎日の乗車土日祝の乗車1か月10回以上の乗車
付与ポイント3ポイント/日7ポイント/日10ポイント/10回
注意点1日複数回乗っても3ポイント1日複数回乗っても7ポイント1日複数回乗った分カウントされる

※定期券区間内の利用はポイント対象外

東京メトロの利用では、上にまとめたポイントが付与されます。

乗車するだけで3ポイントがもらえて、土日祝ならさらに+4ポイントアップしますね!

1か月の間で10回以上乗ると10ポイント、20回以上なら20ポイントと、10回単位でボーナスポイントがあるので、たくさん乗ればどんどん貯まる仕組みです。

ちなみに、定期券区間内の乗車はポイント対象外ですが、区間外へ乗り越しor区間外から乗車すればポイントは付与されますよ。

結局、支払った運賃の中に東京メトロ線が入っていればOKなので、通勤・通学以外の利用でポイントが貯まります!

登録したPASMOにて、自動改札口から入出場した際の運賃が対象なので、駅窓口で清算するとポイントは付与されません。

2. クレジットカードの乗車ポイント「メトロポイントPlus」で貯める

乗車ポイント一覧
To Me CARD種類平日土日祝年会費
ゴールド20ポイント/回40ポイント/回10,000円
Prime10ポイント/回20ポイント/回初年度無料
2年目から2,000円
ソラチカ5ポイント/回15ポイント/回初年度無料
2年目から2,000円
一般2ポイント/回6ポイント/回無料

※定期券区間内の利用はポイント対象外

東京メトロのTo Me CARDに搭載されたPASMOを、メトロポイントPlusに登録しておけば、乗車するだけで上にまとめたポイントが付与されます。

つまり、PASMO一体型のTo Me CARDを持っていれば乗車ポイントが貯まりやすいですね!しかも、乗車1回ごとにポイントが付くので、1日に複数回乗車すればポイントもさらにアップします。

ゴールドカードはハードルが高くても、Primeやソラチカカードでも十分にメトロポイントが貯まるので、検討してみてくださいね。

ゴールドカードやPrimeはメトロポイントをがっつり貯めたい人向け、ソラチカカードはANAマイルを貯めたい人向けのカードになっています。

参考

3. メトロポイントPlus加盟店の利用で貯める

  • METRO’S(東京メトロの売店)
  • Echika、Echika fit
  • Metro pia
  • Esola
  • 自動販売機、コインロッカー

※メトロポイントPlusのロゴが掲示されている店舗・自販機・ロッカーに限る

上には、メトロポイントPlusの加盟店をまとめています。

To Me CARDを使って、上記の店舗にてPASMO決済をすると、メトロポイントが貯まりますよ。

ポイント付与率は、200円で1ポイントです(自販機・ロッカーは100円で1ポイント)。

ちなみに、ゴールドカードならポイント付与率2倍です。

東京メトロの駅ビルやエキナカでも、賢くポイントを貯められますね!

To Me CARDでも、一般カードはポイント付与の対象外なので注意してくださいね。対象は、ゴールド・ソラチカ・Primeの3種類だけです。

4. PASMO定期券の購入で貯める

To Me CARDでPASMO定期券を購入すると、1,000円につき5ポイント貯まります(0.5%還元)。

定期券窓口・多機能券売機のどちらで購入してもポイント付与されますよ。

ちなみに、クレジットカード会社のポイントも0.5%還元されるので、ダブルで貯まっていきます。

二重取りでポイントを増やせるのでお得感が増しますね!

例えば、1万円のPASMO定期券を購入したとき、50円分のメトロポイントと、50円分のカード会社のポイント(合計100円分)が貯まる仕組みです。

カード会社のポイントとは、JCBのOki Dokiポイントや、NICOSのわいわいポイントなどです。

5. Oki Dokiポイントなどの提携ポイントをメトロポイントに移行して貯める

これらの提携ポイントは、200ポイント→1,000ポイントとしてメトロポイントに移行できます。

各カード会社のポイントは、1ポイント=3.5~4.5円分に相当するので、メトロポイントへの交換率は100%以上ありますね。

お得にメトロポイントへ移行して貯められるので、ポイントの使い方に迷ったら検討してみてくださいね。

移行について
各カード会社のマイページで、To Me CARDを紐づけしてから、メトロポイントへ移行を行います。締日によりますが、1~2か月でメトロポイントに反映しますよ。
スポンサーリンク

【メトロポイントの3つの使い方】交換先は用途に合わせて選ぼう

メトロポイントの使い方

メトロポイントは、東京メトロの利用以外でも効率よく貯められるとわかったので、次は便利な3つの使い方について解説します。

基本的に、メトロポイントの使い方はチャージやポイント交換になります。

お得に私鉄に乗ったり、便利に買い物したりと、用途に合わせて交換先を選べるので、自分に適した使い方を見つけてくださいね。

メトロポイントの3つの使い方

1. PASMOにチャージする

  1. 多機能券売機の「メトロポイント」から進む
  2. 「メトロポイントでチャージ」を選択
  3. 4ケタの確認番号を入力
  4. チャージ金額を入力し、確認・完了

貯まったメトロポイントは、このように多機能券売機を使ってPASMOへチャージできます。

To Me CARD(PASMO一体型)または、別のPASMO(ICカード型)にもチャージ可能です。

画面上には、500円・1,000円・2,000円…単位で表示されますが、「その他ポイント」を選択すれば10円からチャージできるので、少額でも問題ありません。

お得に私鉄に乗りたいなら、メトロポイントをPASMOへチャージして使ってみてくださいね。

確認番号とは
4ケタの確認番号について、初期設定では生年「月日」の4ケタになっています。会員サイトや券売機で任意の確認番号へ変更可能ですよ。

2. 楽天スーパーポイント・nanacoポイントに移行する

  1. To Me CARD会員サイトにログイン
  2. 「メトロポイント移行申請」に進む
  3. 楽天→「楽天IDとパスワード」、nanaco→「nanaco番号」を入力
  4. 交換ポイントを入力して申込完了

メトロポイントを、楽天スーパーポイント・nanacoポイントへ、500ポイントから移行できます。

上記の手順通り、To Me CARDの会員サイトから移行手続きをしてくださいね。

完了してから、1~2か月後に楽天・nanacoポイントとして利用できるようになりますよ。

楽天でネットショッピングに使ったり、nanacoでセブンイレブン支払いに充てたりと、お得に買い物したい人におすすめです。

楽天・nanacoの登録情報が、To Me CARD本会員の名義と同じでなければ移行できません。家族や友人のポイントには移行できないので注意してくださいね。

3. ANAマイルに交換する

To Me CARDソラチカカード
交換ポイント1,000ポイント→600マイル100ポイント→90マイル
交換率60%90%
交換単位1,000ポイント毎100ポイント毎

交換率は若干下がりますが、メトロポイントはANAマイルにも移行できます。

To Me CARDとソラチカカードでは、上にまとめた通り交換率や交換単位も異なっていますね。

ソラチカカードはANAカード一体型でもあるので、ANAマイルへの交換率が優遇されており、交換率が高めです。

交換単位も100ポイントからと低い設定なので、短期間ですぐにANAマイルに移行できますよ。

ANAマイルを貯めたいなら、ソラチカカードに入会するのがおすすめです!

ソラチカカード内でメトロポイント→ANAマイルに移行する流れなので、別のANAカードへは移行できません。また、移行には1~2か月かかります。
スポンサーリンク

ANAマイルを貯める必須ルート「ソラチカルート」を簡単解説

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
国際ブランド
JCB
電子マネー
PASMO
年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
無料2,000円0.5%~Oki Dokiポイント, メトロポイント, ANAマイル
発行まで付帯保険
最短2週間程度国内旅行保険, 海外旅行保険
ショッピング保険
限度額支払い方法
審査時に決定一括/2回/分割/リボ/ボーナス

ETC 家族カード PASMO一体型カード

  • PASMO定期・オートチャージ対応
  • PASMOチャージ・定期購入でもポイントが貯まる
  • 東京メトロの乗車ポイントがお得
  • nanaco還元率は最大1.5%
  • ANAマイラー必見の「ソラチカルート」

ANAマイルを上手に貯められるソラチカカードは、ANAカード・To Me CARD・PASMO・PASMO定期券のすべての機能が一体型になっています。

ANAカードでもあるので、カードの入会・継続・搭乗ボーナスでマイルが貯まりますし、ANAカード加盟店での買い物でもマイルがどんどん貯まります

ほかにも、空港や旅行関連サービスが割引になるなど、ソラチカカードはANAカードの特典を存分に受けられます。

ここでは、ソラチカカードならではのANAマイルの貯め方「ソラチカルート(新ソラチカルート)」について簡単に解説していきますね。

交換率90%でメトロポイント→ANAマイルに交換できる

ソラチカカードの利用で貯まったメトロポイントは、100ポイント→90ANAマイルに交換できるので、交換率は90%です。

他社のポイントからANAマイルへの交換ルートは少なく、あったとしても交換率が60~70%だったり、手数料が取られたりします。

その中でソラチカカードの交換率90%はかなり高く、ほぼ損せず、お得にANAマイルへの移行ができますね。

他社ポイントでは、複数の交換を繰り替えしてやっとANAマイルにする方法があるほどですよ。

それだと交換ルートが下がるので、やはりソラチカカードで貯めたメトロポイントをANAマイルにするのが一番効率が良いです。

LINEルートが閉鎖
これまでは「○○ポイント→Gポイント→LINEポイント→メトロポイント→ANAマイル」のように交換することで、ほとんどのポイントを交換率90%でANAマイルに変換できましたが、LINE→メトロポイントのルートが閉鎖したことで交換率は少し低くなっています。

ソラチカルートの毎月の交換上限は20,000ポイント

お得なソラチカルートですが、交換は月1回まで・上限は20,000ポイントまでと決められています。

毎月大量ポイントを交換する人はあまりいないと思いますが、一応知識として覚えておくと安心です。

また、回数は月1回と決まっているので、「100ポイント貯まったらその都度交換しよう」と考えずに、一気に交換するようにしてくださいね。

上限20,000ポイントを超えない範囲で、お得にANAマイルに交換しましょう!

メトロポイントの有効期限は最長2年あるので、焦らず確実にたくさんのポイントを交換してくださいね!
スポンサーリンク

まとめ

メトロポイントの5つの貯め方と3つの使い方、そしてお得なソラチカカードについても紹介しました。

東京メトロの利用以外にも、クレジットカードの利用やポイント移行など、知っておけば実践しやすい貯め方があるとわかりましたね。

ここでもう一度、メトロポイントの6つの貯め方について簡単におさらいしておきましょう。

特に、To Me CARDを持っていれば、クレジットカードの利用でメトロポイントが貯めやすいですね!

もちろん、PASMOだけでも貯まるので、今現在PASMOしか持っていない人も大丈夫ですよ。

次に、メトロポイントの使い方についても簡単に再確認していきますね。

PASMOやポイント・マイルへ移行など、用途に合わせて交換先を選べるのが便利です。

メトロポイントは、貯め方を知っておけばどんどん増えていくので、日常がお得になりますよ。

ANAマイラーにもおすすめできる、ANAカード一体型「ソラチカカード」も、ぜひ検討してみてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました