【LINE Payバーチャルカードの発行方法・使い方ガイド】ネット決済をお得にしよう

LINE Pay バーチャルカード 決済アプリ

LINE Pay(ラインペイ)のバーチャルカードは、その名の通り実体のないカードで、オンライン決済専用です。

発行しておくと、ネットで買い物をするときにクレジットカードのようにして決済が可能になります。

でも、LINE Payのバーチャルカードを利用するにあたって…

  • 発行する手間がかかりそう
  • どうやって決済するの?
  • 決済できなくて困ったときどうすれば?

このように悩んでしまい、バーチャルカードを結局使ってないかもしれません。

そこで、このページではLINE Payのバーチャルカードについて、発行方法や使い方、困ったときの対処法、解約手順まで詳しく解説します。

これさえ読めば、LINE Payバーチャルカードを簡単に発行して、便利に使いこなす方法までしっかり理解できますよ!

スポンサーリンク

LINE Payのバーチャルカードとは?発行方法や基本的な使い方を解説!

LINE Payバーチャルカードの発行方法と使い方

LINE Payバーチャルカードとは、LINE Payが発行しているオンライン決済用のプリペイドカードです。JCBブランドなので、オンライン上のJCB加盟店で利用できます。クレジットカードのように、バーチャルカードの番号を入力するだけで、支払いが可能になります。

ここでは、LINE Payバーチャルカードの発行手順や基本的な使い方を解説しますね。

とにかく簡単に発行・利用できるので、LINE Pay(ラインペイ)でネットショッピングを楽しむなら必見です!

LINE Payバーチャルカードの発行~使い方

【1分で完了】LINE Payバーチャルカードの発行方法は超簡単

LINE Payバーチャルカードは、LINEアプリからすぐに発行できます。

手順通り行うと1分かかりませんよ。

まず、LINEアプリ→ウォレット→LINE Payの画面へ進んでくださいね。

LINE Payのバーチャルカード発行

残高の下にある「バーチャルカードをすぐに発行!」をタップします。

画面が変わったら、「バーチャルカードを発行」を押して進んでください。

LINE Payのバーチャルカード発行完了

パスワード認証すると、すぐにバーチャルカードが発行されました。

ほぼ手間なし、手数料なしであっという間に作れますね。

基本的な使い方はクレカのように番号を入力するだけ

基本的には、クレジットカード支払いのようにカード番号・有効期限・名義人を入力するだけでネットショッピングできます。

ここでは、Amazonの支払い方法として登録していきますね。

LINE PayカードのAmazon支払い登録

支払い方法追加の画面で、LINE Payバーチャルカードの情報を入力します。

ここで注意したいのが、名義人のところは自分の氏名ではなく「LINE MEMBER」と入力してくださいね。

登録完了画面には、LINE MEMBERと表示されているので、うまくできたのがわかります。

支払いをするときは、この登録したカードを選択するだけでLINE Pay決済できますよ。

残高不足だと支払いできないので注意
LINE Payバーチャルカードは、あくまでプリペイドカードなので、残高不足だとネットで決済できません。クレジットカードは後から請求されますが、バーチャルカードは現在の残高から決済されるので、忘れずにチャージしておきましょう。
スポンサーリンク

LINE Payバーチャルカードをもっと便利・お得にする3つの知識を徹底解説!

LINE Pay バーチャルカードをもっとお得に使う方法

基本的に、LINE Pay(ラインペイ)バーチャルカードは簡単に発行・利用できるとわかりましたね。

ここでは、さらに便利に利用するための3つの使い方を解説します。

LINEモバイル利用者や、お得なキャンペーンを利用したい人は必見です!

バーチャルカードを便利にする3つの使い方
  1. プラスチックカードとあわせるとリアル店舗でも使える
  2. クレカがなくてもLINEモバイルの支払いに使える
  3. PayトクキャンペーンでAmazonなどがお得に使えることも

1. プラスチックカードとあわせるとリアル店舗でも使える

LINE Payバーチャルカードの画面から、「プラスチックカード」を選択して申込すると、リアルカードが送られてきます。

プラスチックカードがあれば、リアル店舗でもLINE Pay決済できますよ。

全国のJCB加盟店で使えるので、コード支払い不可の店舗でも幅広く使えるのが便利ですね。

ただ、プラスチックカードは届くのに1~2週間かかります。

届くまではバーチャルカード決済もできなくなるので、この点だけ注意しておきましょう。

LINE Payバーチャルカードとプラスチックカードは、番号や有効期限などのカード情報が同じです。オンラインでもリアルでも残高を共有できますね。

2. クレカがなくてもLINEモバイルの支払いに使える

LINEモバイルの支払いはクレジットカードが基本ですが、LINE Payバーチャルカードがあればクレジットカードがなくても利用できます。

毎月5日に請求されるので、あらかじめ利用金額をチャージしておけば、LINE Pay残高から引かれますよ。

クレジットカードを持っていない・増やしたくない人は、この方法を使ってみてくださいね。

LINE Payの残高不足に注意しよう
LINE Payの残高不足で、LINEモバイルの決済が失敗した場合、利用中の回線は停止されてしまいます。毎月5日になる前には、少し多めにチャージするのがおすすめです。

3. PayトクキャンペーンでAmazonなどがお得に使えることも

LINE Payでは、これまで毎月のようにPayトクキャンペーンが行われており、指定の店舗でLINE Pay支払いをするだけで15~20%還元されます。

例えば、買い物全てが対象だったとき、Amazonギフト券をLINE Payバーチャルカードで購入すると、そのうち20%が還元される場合もありました。

5,000円分のギフト券なら1,000円分が戻ってくる仕組みです。

しかし、その月によってコンビニ限定だったりバーチャルカードは対象外だったりもします。

Payトクキャンペーンの対象範囲を確認してから、バーチャルカードを利用してくださいね。

AmazonでLINE Payボーナスも貯まる
LINE Payバーチャルカードで、Amazonの支払いをすれば、0.5%~2.0%のLINE Payボーナスが付与されます。貯めている人はおすすめですよ。LINE Payボーナスについては、LINE Payの使い方も参考にしてくださいね。
スポンサーリンク

バーチャルカードが発行できない!困ったときに確認すべき3つのポイント

LINE Payバーチャルカードを発行できない対処法

通常、LINE Pay(ラインペイ)のバーチャルカードは簡単に発行できますが、なぜか発行できないときもあります。

バーチャルカードは手数料も審査もなく、誰でも発行できるはずなのに…と困ってしまいますよね。

そんなときに確認したい3つのポイントについて、ここでは解説します。

うまくできなかった人は、ここで再確認してみてくださいね!

発行できない時に確認する3つのポイント

LINEのアカウント1つにつきバーチャルカードは1枚まで

LINEのアカウント一つに対して、バーチャルカードは1枚までしか発行できません。

追加で発行しようとしても不可能です。

LINEアカウントを、スマホだけでなくパソコンやiPadで共有している場合も同じく、バーチャルカードは1枚になります。

あくまでプリペイドカードなので、クレカの家族カードのような機能はないと覚えておきましょう。

何か事情があって、バーチャルカードの番号を変えたいときは、一度解約してから再発行すれば番号が変わりますよ。

何度もバーチャルカードを再発行していると制限される可能性も

何度もバーチャルカードの再発行をすると、LINE側で発行を制限される可能性があります。

LINE Payのバーチャルカードは、1か月に2回まで再発行可能です。

しかし、頻繁にカード番号を変える行為は、どうしても怪しく感じてしまいますよね。

バーチャルカードの再発行は、必要がなければしないでおきましょう。

ただし、使っているLINE Payバーチャルカードが不正利用されたり情報漏えいの可能性があったりする場合は、すぐに解約→再発行してくださいね!

LINE Pay側の障害または原因不明ならお問い合わせするしかない

どうしても発行エラーになる理由が見当たらない場合は、LINE Pay側で障害が発生しているか、もしくは原因不明です。

障害発生なら復旧後にトライすればいいですが、それでもできないならLINEにお問い合わせするしかありません。

LINEお問い合わせから、発行できない旨を送信してくださいね。

お問い合わせ内の項目は、「LINE Pay→その他→利用登録できない」を選択しておけばOKです。

スマホのスクリーンショットも添付できるので、詳しいエラー内容をお問い合わせしてみてくださいね。

お問い合わせしてから回答が来るまで1週間程度かかる場合もあります。
スポンサーリンク

LINE Payバーチャルカードの解約手順や注意点も知っておこう

LINE Payバーチャルカードの解約方法

LINE Pay(ラインペイ)バーチャルカードを使わなくなった場合は、万が一のために解約する必要があります。

ここでは、解約手順や解約にあたっての注意点をまとめているので、サラッと確認してみてくださいね。

バーチャルカードの登録と同じく、解約もアプリで簡単にできますよ。

LINE Payバーチャルカードの解約手順と注意点

LINE Payバーチャルカードの解約はLINEアプリで操作するだけ

LINE Payバーチャルカードの解約は簡単です。

まずLINEアプリ→ウォレット→LINE Pay画面へと進みます。

LINE Payバーチャルカードの解約方法

残高の下にカード番号下4桁が表示されているので、タップしてくださいね。

画面一番下に下がると「カードを解約」の項目があるので、ここから解約します。

LINE Payバーチャルカードの解約方法

カード解約の確認画面が出てくるので「確認」から進みます。

最後に、カードを解約した理由を送信すれば完了です。

書類のやりとりなどは一切なく、1分足らずで解約できますよ。

プラスチックカードも解約になるので注意

LINE Payバーチャルカードは、プラスチックカードと連携しています。

もし、プラスチックカードを発行していた場合は、一緒に解約となり使えなくなるので注意しましょう。

ちなみに、バーチャルカードの解約後でも、LINE Pay残高はそのまま残ります。

「プラスチックカードを使い続けたかった…」という人は、もう一度バーチャルカード・プラスチックカードを発行してみてくださいね。

逆に、プラスチックカードを紛失したときは、アプリから解約すればいいので便利です。

解約しても月2回までバーチャルカードを発行できる

LINE Payバーチャルカードを解約しても、月2回までなら再発行できます。

再発行するたびにカード番号が変わるので、Amazonなどにカード情報を登録している場合は、変更しないといけません。

また、月2回再発行できるからと言って何度も繰り返していると、LINE側で発行を制限される可能性があります。

本当に必要な時だけ、バーチャルカードを再発行しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

LINE Payバーチャルカードについて、発行方法や使い方、解約手順などを解説しました。

簡単に発行できて、オンラインショップで便利に使えるとわかりましたね。

最後に、LINE Payバーチャルカードを利用するうえで、特に重要な4つのポイントをまとめます。

  • 誰でも簡単に発行できる
  • 基本的な使い方は、クレカのように番号を入力するだけ
  • プラスチックカードと連携している
  • 再発行は月2回まで

この4つを理解しておけば、LINE Payバーチャルカードの基本はおさえられます。

ネットの買い物でクレジットカードを使いたくないとき、選択肢の一つとして考えてみてくださいね。

手数料なしでLINEアカウントさえあれば誰でも作れるので、ぜひLINE Payバーチャルカードを使いこなしましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました