JCBゴールドのメリットや特典を全解説!コスパ抜群の定番カード!

JCBゴールドカードクレジットカード

JCBゴールドは、株式会社ジェービーシーが運営・発行しているゴールドカードです。

JCBカードの中でもステイタスが高く、特典が充実しているクレジットカードになります。

こちらのページでは、そんなJCBゴールドの特徴やメリット、デメリット、貯めたポイントの使い方などについて解説しています。

これを読めばJCBゴールドを持つべきかどうか、どんな人におすすめかがわかります!自分の生活スタイルに合うかどうか、見極めてみてくださいね。

  1. JCBゴールドの特徴・メリット13個を徹底解説
    1. 1. ゴールドなのに最短翌営業日でカード発行できる
    2. 2. インターネット入会で初年度年会費無料!
    3. 3. 家族カード1人目は無料発行できる
    4. 4. 最高1億円!高額補償の海外・国内旅行傷害保険が自動付帯
    5. 5. 最高補償額500万円!海外・国内利用OKのショッピング安心保険
    6. 6. 国内の主要空港、およびハワイの空港ラウンジを無料で利用できる
    7. 7. 海外1,100ヵ所以上の空港ラウンジをUS32ドルで利用できる
    8. 8. 海外での利用はいつでもポイント2倍
    9. 9. 名門ゴルフコースを会員権不要で利用できる
    10. 10. グルメ優待サービスで全国250店舗の飲食代金20%オフ
    11. 11. 年間100万円以上の利用でJCBゴールド・ザ・プレミアにグレードアップできる
    12. 12. 年間利用金額によって お得な特典を受けられるJCBスターメンバーズになれる
    13. 13. 優待店の登録利用でポイントが最大20倍もらえる
  2. JCBゴールドで貯まる「Oki Dokiポイント」を簡単解説
    1. ポイントの有効期間は3年間
    2. 貯まったポイントは景品交換からキャッシュバックまでいろいろ
  3. JCBゴールドのデメリットを確認しよう
    1. 2年目以降は年会費が必ず掛かる
    2. 海外ではJCBカードが使えないお店が未だ多い
  4. 【JCBゴールドのQ&A】よくある疑問を確認しよう
    1. JCBゴールドの審査は厳しい?学生でも持てる?
    2. JCBゴールドではETCカードを発行できる?
    3. JCBゴールドでQUICPayは使える?
    4. JCBゴールドの締め日と支払日は?
    5. JCBゴールドの限度額上限を引き上げる(増枠する)方法は?
    6. JCBゴールドの最新入会キャンペーンについて知りたい
  5. まとめ

JCBゴールドの特徴・メリット13個を徹底解説

JCBゴールド

JCBゴールド
国際ブランド
JCB
電子マネー
QUICPay
年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
無料11,000円0.5%~Oki Dokiポイント
発行まで付帯保険
即日翌日発行海外旅行、国内旅行、ショッピング
限度額支払い方法
~500万円一括/2回/分割/ボーナス/リボ

家族カード ETC

  • ネット申し込みで初年度無料
  • JCBゴールド・ザ・プレミアへのインビテーションあり
  • 海外旅行保険は最高1億円の補償額
  • 主要空港・ハワイの空港ラウンジを利用可能
  • グルメ優待サービスで全国250店舗の飲食代金が20%OFF

まずは、JCBゴールドの13個の特徴・メリットを紹介しますね。

JCBゴールドには以下のような特徴があります。

  • ゴールドなのに迅速なカード発行
  • 海外・国内旅行傷害保険及びショッピング保険が高額補償
  • 海外1,100ヵ所以上の空港ラウンジをUS32ドルで利用できる
  • 会員権不要で有名ゴルフコースを利用できる

海外・国内の旅行傷害保険やショッピング保険が高額補償で安心できるだけでなく、日本国内・世界各国の空港ラウンジを利用できます。

また、名門ゴルフコースを会員権なしで利用できたり、全国のゴルフ場の予約手配ができるサービスがあるので、ゴルフ好きな人には嬉しいカードです。

海外渡航や国内移動が多い人、ゴルフ場をよく利用する人は、是非こちらの記事を読んでJCBゴールドの内容・特典をチェックしてくださいね。

JCBゴールドの特徴・メリット

1. ゴールドなのに最短翌営業日でカード発行できる

審査が厳しいといわれるJCBゴールドカードですが、最短で入会申し込みの翌日にカードを受け取ることができます。

急に海外出張が決まったときなどは嬉しいスピード発行ですね。

ただし、最短翌日に受け取るためには、申込時にインターネットで支払い口座設定を行うことが必要です。

支払先口座番号を手元に用意してから、インターネットで入会申し込みをしましょう。

翌営業日発行不可になる場合
  • 支払い口座に設定した金融機関が対象とならない金融機関の場合
  • 審査に通らなかった場合

2. インターネット入会で初年度年会費無料!

JCBゴールドの年会費
初年度年会費
インターネット入会無料
通常入会10,000円

JCBゴールドの年会費は、インターネットから申し込みをすると初年度分が無料になります。

2年目以降は10,000円の年会費になるので、初年度だけでも無料になると嬉しいですよね。

手軽にできるので、是非インターネットから申し込みをしてみましょう。

3. 家族カード1人目は無料発行できる

JCBゴールドの家族カード年会費
1人目2人目~
初年度年会費無料1,000円
2年目以降
年会費
1,000円1,000円

JCBゴールドは、家族1人のカードを初年度は年会費無料で持つことができます。

2人目からは初年度から年会費1,000円が必要です。

年会費が掛かってしまいますが、家族全員で効率よくポイントが貯められますし、優待や保険などのサービスを本会員と同様に受けられますよ。

4. 最高1億円!高額補償の海外・国内旅行傷害保険が自動付帯

JCBゴールドの海外・国内旅行傷害保険
海外旅行
(自動付帯)
傷害死亡・後遺障害最高1億円
傷害治療補償300万円/1事故
疾病治療補償300万円/1事故
賠償責任補償1億円/1事故
携行品損害50万円/1旅行中
100万円/保険期間中
(自己負担額3,000円)
救援者費用400万円
手荷物遅延費用2万円
手荷物紛失費用4万円
乗継遅延費用2万円
出発遅延費用2万円
国内旅行
(自動付帯)
傷害死亡・後遺障害最高5,000万円
入院治療5,000円/1日
手術治療入院日額×倍率(10倍,20倍,40倍)
通院費用2,000円/1日
手荷物遅延費用2万円
手荷物紛失費用4万円
乗継遅延費用2万円
出発遅延費用2万円

JCBゴールドは海外・国内旅行傷害保険の補償が自動付帯となっています。

海外の補償については、最高補償額が1億円!

ただし、日本出国前に、旅行費用または空港までの交通機関の支払いにJCBゴールドを利用しなければならない条件があるので注意しましょう。

利用がない場合の最高補償額は5,000万円になります。

傷害・疾病補償についても高めの補償金額ですし、国内旅行の補償が自動付帯なのは利用価値が高いです。

もっと補償を手厚くしたいときには

カード付帯保険の補償に加えて、傷害・疾病補償や救援補償など個々が必要な補償のみ上乗せが可能な保険も用意されています。

5. 最高補償額500万円!海外・国内利用OKのショッピング安心保険

JCBゴールドのショッピング安心保険
保険対象海外・国内利用
年間限度額500万円
補償日数購入日から90日間
自己負担額3,000円

JCBゴールドを使って海外や国内でお買物した商品には、破損や盗難などが発生したときに対応してくれるショッピング補償がついています。

購入日から90日間の補償日数で、年間補償限度額は500万円です。

1回の補償につき、3,000円の自己負担額が必要ですが、この負担額で年間500万円までの高い補償は他にはありません。

海外でお買物した品物の盗難や、日本へ配送途中での破損など、不安を安心に変えてくれます。

6. 国内の主要空港、およびハワイの空港ラウンジを無料で利用できる

JCBゴールドで無料利用できる空港ラウンジ
北海道新千歳空港、函館空港、旭川空港
東北青森空港、秋田空港、仙台空港
関東成田国際空港、羽田空港
中部新潟空港、富山空港、小松空港、中部国際空港、富士山静岡空港
近畿関西国際空港、伊丹空港、神戸空港
中国岡山桃太郎空港、広島空港、米子空港、山口宇部空港、出雲空港
四国高松空港、松山空港、徳島空港
九州北九州空港、福岡空港、熊本空港、長崎空港、大分空港、鹿児島空港、宮崎ブーゲンビリア空港
沖縄那覇空港
ハワイダニエル・K・イノウエ国際空港

JCBゴールドには、国内の主要空港及びハワイの空港ラウンジを無料で利用できるサービスがあります。

飲み物の無料サービスや新聞・雑誌、無線LANの利用など、搭乗前の空いた時間をゆったりと過ごすことができるのは嬉しいですね。

また、現地到着後に利用することもできるので、その後の交通手段によっては待ち時間の居場所にすることもできます。

利用にはJCBゴールドと搭乗券もしくは航空券の提示が必要ですので、カードの携帯を忘れないように注意しましょう。

7. 海外1,100ヵ所以上の空港ラウンジをUS32ドルで利用できる

ラウンジ・キーのサービス内容
  • ドリンク・軽食サービス
  • 新聞・雑誌の閲覧
  • 電話・FAX・インターネット接続
  • シャワー利用

JCBゴールドの提示で、海外の1,100ヵ所以上の空港ラウンジを利用できる「ラウンジ・キー」というサービスがあります。

上にまとめたように、ドリンク・軽食サービスがあったり、シャワーが利用できたりするので、気持ちも身体もリフレッシュできますね。

US32ドルと有料ではありますが、乗継便によっては待ち時間が3~7時間と長時間になることもあるので、そんなときに嬉しいサービスです。

同じく有料ですが、同伴者も利用できますよ。

JCBゴールド携帯を忘れずに

ラウンジ利用にはJCBゴールドの提示が必要なので忘れないようにしましょう。US32は入室時にJCBゴールドで決済となります。

8. 海外での利用はいつでもポイント2倍

JCBゴールドをJCB海外加盟店で利用すると、ポイントが2倍貯まります。

ただし、事前にWEB利用明細書である「MyJチェック」の登録が必要です。

登録は無料ですので、入会したら忘れずに登録しておきましょう。

MyJチェックとは?

MyJチェックとはWEB明細のことです。紙で郵送される利用明細書の代わりにWEBで明細を確認できます。

9. 名門ゴルフコースを会員権不要で利用できる

JCBゴールドには、ゴルフを楽しむための充実したサービスがあります。

一般では予約できないハイクラスのゴルフ場でプレーできますよ。

お仕事での接待に、趣味のスポーツとして、ワンランク上のゴルフ生活が楽しめそうですね。

サービス内容については下記にまとめておきます。

ゴルフ優待サービス
  • 全国1,200ヵ所のゴルフ場の電話予約ができる
  • 有名コースでのコンペの参加
  • 名門コースでの豊富なラウンド枠がある「JCBゴルファーズ倶楽部」への入会

10. グルメ優待サービスで全国250店舗の飲食代金20%オフ

JCBゴールドには、全国250の店舗で飲食代金が20%OFFになる嬉しいサービスがあります。

専用クーポンは、グルメ優待サービスのサイトからダウンロード・印刷するか、スマートフォン・携帯電話の画面で表示することができますよ。

使用方法については下記にまとめておきます。

グルメ優待サービスの利用方法
  1. 対象店舗へ電話で事前予約する
  2. お店で専用クーポンの提示
  3. JCBゴールドで支払いすればOK

11. 年間100万円以上の利用でJCBゴールド・ザ・プレミアにグレードアップできる

JCBゴールド・ザ・プレミアで利用できるサービス
サービス内容
プライオリティ・パス約1,300ヵ所の空港ラウンジを無料で利用できる
JCBプレミアムステイプラン上質で人気なホテル・旅館に特典付きプランで宿泊できる
JCB Lounge 京都JR京都駅の専用ラウンジを無料で利用できる
ダイニング30対象店舗で利用合計金額またはコース代金から30%引

JCBゴールドを年間100万円以上利用すると、「JCBゴールド・ザ・プレミア」へアップグレードできます。

JCBゴールド・ザ・プレミアは通常15,000円の年会費が必要ですが、条件達成後のアップグレードではJCBゴールドと同じ10,000円の年会費でOK!

US32の支払いが必要な海外空港ラウンジ利用も、JCBゴールド・ザ・プレミアなら「プライオリティ・パス」で無料利用できますよ。

他にも、人気のホテル・旅館を優遇利用できる「JCBプレミアムステイプラン」など、充実した旅になるオプションが用意されています。

JCBゴールド・ザ・プレミアへのアップグレード条件
  • 利用合計金額が2年連続で100万円以上
  • 会員専用WEBサービス「MyJCB」に受信可能なEメールアドレスを登録

12. 年間利用金額によって お得な特典を受けられるJCBスターメンバーズになれる

JCBスターメンバーズの特典
年間利用金額Oki Dokiボーナスアップ率
※ゴールド ザ・プレミアはそれぞれ+10%UP
キャンペーンチャンスアップ
抽選口数
300万円~60%6倍
100万円~50%
50万円~20%3倍
30万円~10%2倍

JCBゴールドは、年間利用金額によって、翌年のポイントにボーナスポイントがプラスされます。

例えば、年間利用額が300万円以上の場合、翌年の利用分に対して付与されるのが通常ポイントに加えて0.6倍のポイントがプラスされるということに!

条件となる利用額は、本会員だけでなく家族会員の利用分も合算されるので、家族で使うとランクが上がりやすいですね。

また、JCBは随時様々なキャンペーンを会員向けに開催しているのですが、そのようなキャンペーンに応募するときの抽選口数もランクによって数倍になります。

抽選口数が増えるとその分当たる確率が高まるので、いよいよお得になりますね。

13. 優待店の登録利用でポイントが最大20倍もらえる

JCB ORIGINAL SERIESパートナーの一例
Oki Dokiポイント
スターバックス10倍
出光昭和シェル2倍
ドミノピザ2倍
ビックカメラ2倍
小田急百貨店/京王百貨店3倍

JCBゴールドは、「JCB ORIGINAL SERIES」対象カードなので、優待店の登録・利用でさらにポイントが貯まります。

お得にポイントが付く優待店「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」は、家電・ファッション・グルメなど幅広いジャンルで取り揃えられています。

各店舗をお得に利用するためには、事前にキャンペーン登録が必要です。

一度登録すれば再度登録する必要はないので、ぜひチェックしてくださいね。

\ キャンペーン詳細はこちら /
JCBゴールドに申し込む

JCBゴールドで貯まる「Oki Dokiポイント」を簡単解説

ポイント交換・移行

JCBゴールドのクレジット利用で貯まるポイントはOki Dokiポイントです。

ここでは、JCBゴールドが保有できるポイント有効期間や、貯まったOki Dokiポイントの使い方について簡単に説明します。

せっかく貯まったポイントを無駄にしないよう、どのような使いみちがあるのか確認しておきましょう。

Oki Dokiポイントについて

ポイントの有効期間は3年間

通常のJCBカードの、Oki Dokiポイント有効期間は2年間です。

でもJCBゴールドは、Oki Dokiポイントの有効期間が3年間になります!

ポイントを大きく貯めるのには、1年の違いは大きいですね。

貯まったポイントは景品交換からキャッシュバックまでいろいろ

Oki Dokiポイントの交換先
利用方法内容
パークチケットと交換ディズニーリゾート、USJ、キッザニアなど
商品と交換家電、グルメ、健康・美容用品など
マイレージへ移行JAL、ANA、デルタなど
ギフトカードJCBギフトカード
キャッシュバック1P→3円 1P以上1P単位でカード利用金額からマイナス
JCBトラベル1P→4円 旅行代金として使える
他ポイントへ移行nanaco、dポイント、楽天Edy、
楽天スーパーポイント、ビックポイントなど
ポイントチャリティー日本ユニセフ、WWFジャパン、日本赤十字などへ寄付

JCBゴールドで貯めたOki Dokiポイントの交換先は、上記にまとめた通りいろいろあります。

なかでも、JCBならではといえばディズニーリゾートなどのパークチケットです。

貯めたポイントで、パークチケットと交換してレジャーを楽しむとお得感が増しますよね。

他にも、商品・マイレージ・ギフトカード・ポイント移行などいろいろな交換先があるので、自分のライフスタイルに合ったものを探してみてくださいね。

\ キャンペーン詳細はこちら /
JCBゴールドに申し込む

JCBゴールドのデメリットを確認しよう

デメリット

通常カードよりランクアップされたサービスが提供されるJCBゴールドですが、デメリットもあります。

こちらも考慮したうえで、自分のライフスタイルに合っているか見極めましょう。

きちんと読んで確認しておいてくださいね。

JCBゴールドのデメリット

2年目以降は年会費が必ず掛かる

JCBゴールドは年会費がかかりますが、初年度年会費無料キャンペーンをやっていることが多いです。

そのため忘れがちですが、2年目からは必ず10,000円の年会費がかかると認識しておく必要があります。

年会費を払っても自分にとってプラスになるサービスがあるのか、1年利用してみて考えるのもいいですね。

海外ではJCBカードが使えないお店が未だ多い

JCBブランドは日本では幅広く使えますが、海外では使えないお店が多いのが実情です。

海外のあちこちでクレジットカードを利用したい人は、他のブランドのクレジットカードも併せて持っていく方がよいかもしれません。

ちなみに、ハワイではJCBカード利用で10%オフになるABCストアなどがあるので、安心してJCBカードを使えますよ。

\ キャンペーン詳細はこちら /
JCBゴールドに申し込む

【JCBゴールドのQ&A】よくある疑問を確認しよう

FAQ

ここまで、JCBゴールドの特徴やメリット・デメリットなどを解説しました。

次に、JCBゴールドを使ううえでよくある疑問・質問を紹介します。

入会条件や締日など、気になる内容を、ぜひチェックしてくださいね。

JCBゴールドのQ&A

JCBゴールドの審査は厳しい?学生でも持てる?

JCBゴールドの入会条件は、20歳以上で安定継続収入のある人となっています。そして学生は申込不可です。審査は緩いとはいえないかもしれません。

JCBゴールドではETCカードを発行できる?

JCBゴールド1枚につきETCカード1枚を年会費無料で持つことができます。会員専用WEBサービス「MyJCB」からも申し込みができます。

JCBゴールドでQUICPayは使える?

JCBゴールドをオンライン申込するときに、同時にQUICPay機能搭載を申し込めます。他にも、スマートフォンタイプや別カードタイプも選べます。QUICPayの利用によるお得なキャンペーンもやっていることがあるのでチェックしてみてくださいね。

JCBゴールドの締め日と支払日は?

JCBゴールドの締め日は毎月15日、翌月10日支払いとなります。金融機関休業日の場合は翌営業日になります。

JCBゴールドの限度額上限を引き上げる(増枠する)方法は?

JCBゴールドで一時的に増額を希望する場合は、500万円までは会員専用WEBサービス「MyJCB」から、500万円以上はJCBオーソリセンターへ電話での手続きになります。また、審査により希望が通らないこともあります。

JCBゴールドの最新入会キャンペーンについて知りたい

JCBゴールドの最新入会キャンペーンは公式サイトで随時配信されています。年会費や還元など入会に際してのお得なキャンペーンを、ぜひチェックしておいてくださいね!
\ キャンペーン詳細はこちら /
JCBゴールドに申し込む

まとめ

JCBゴールドの特徴やメリット・デメリット、そしてお得な使い方についてまとめました。

JCBブランドのお得なサービスに加えて、ゴールドとしてワンランク上の優遇サービスがいろいろあることがわかってもらえたと思います!

最後にもう一度、JCBゴールドの特徴をおさらいしましょう。

この記事のまとめ
  1. ゴールドなのに最短で翌営業日発行が可能
  2. 最高補償額1億円の海外・国内共に旅行傷害保険が自動付帯
  3. 海外・国内利用OKのショッピング安心保険が高額の500万円補償
  4. 100万円以上の年間利用でJCBゴールド・ザ・プレミアにグレードアップできる
  5. 年間利用金額によって お得な特典を受けられるJCBスターメンバーズになれる

特に、海外の利用に強いゴールドカードです。

ハイクラスのゴルフを楽しんだり、家族やお友達とお得にお食事できるのも嬉しい特典ですね。

興味を持った人は、ぜひJCBゴールドの公式ホームページをチェックしてみてくださいね!

\ キャンペーン詳細はこちら /
JCBゴールドに申し込む

JCBゴールド

JCBゴールド
国際ブランド
JCB
電子マネー
QUICPay
年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
無料11,000円0.5%~Oki Dokiポイント
発行まで付帯保険
即日翌日発行海外旅行、国内旅行、ショッピング
限度額支払い方法
~500万円一括/2回/分割/ボーナス/リボ

家族カード ETC

  • ネット申し込みで初年度無料
  • JCBゴールド・ザ・プレミアへのインビテーションあり
  • 海外旅行保険は最高1億円の補償額
  • 主要空港・ハワイの空港ラウンジを利用可能
  • グルメ優待サービスで全国250店舗の飲食代金が20%OFF

コメント

タイトルとURLをコピーしました