三井住友VISAデビュープラスカードまとめ2019!学生に人気の高還元率カード

デビュープラスカード クレジットカード
  • クレジットカードは持っておきたいけど年会費がかかるのは嫌!
  • ポイントが貯まりやすいカードを使ってお得に生活したい!

このような25歳以下の若い世代の方におすすめなのが「三井住友VISAデビュープラスカード」です。

年会費が実質無料で、ポイント還元率も高い三井住友系のクレジットカード。

発行元が銀行系なので安心感もありますよね。

こちらのページでは、そんな三井住友VISAデビュープラスカードの年会費ポイント還元率、気になるメリットやデメリットお得に使いこなすためのコツなどについてまとめています!

これを読めば、三井住友VISAデビュープラスカードを100%使いこして賢くクレカデビューすることができますよ!

  1. 三井住友VISAデビュープラスカードの7つの特徴・メリットを紹介!
    1. 1. 【25歳以下限定】学生や若手社会人向けのクレジットカード
    2. 2. 年1回のカード利用で年会費1,250円が無料になる
    3. 3. 常にポイントが2倍で還元率は約1%になる
    4. 4. 入会後3か月間はポイントが5倍で還元率が2.5%になる
    5. 5. Apple Payに対応している
    6. 6. ポイントアップモール経由でAmazon・楽天・LOHACOでの還元率が最大20倍になる
    7. 7. ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の優待が受けられる
  2. 三井住友VISAデビュープラスカードで貯まるワールドプレゼントを簡単解説!
    1. 1ポイント=5円相当で色々なポイントや電子マネーなどに交換できる
    2. ポイントアップモールやココイコ!などでポイントが貯まりやすい
    3. 前年度利用額に応じてポイントがもらえるステージ制度がある
  3. 三井住友VISAデビュープラスカードのデメリット・注意点3つを確認しよう
    1. 1. 【留学用カードには不向き】国内旅行保険・海外旅行保険は付帯していない
    2. 2. 利用限度額・キャッシング枠は小さめ
    3. 3. 25歳までの年齢制限がある
  4. 三井住友VISAデビュープラスカードと学生・若者向けの人気クレジットカードを徹底比較!
    1. 三井住友VISAデビュープラスカードとクラシックAカードの違いは?
    2. 三井住友VISAデビュープラスカードと楽天カードの違いは?
    3. 三井住友VISAデビュープラスカードとJCB CARD Wの違いは?
  5. 三井住友VISAデビュープラスカードの評判・口コミを参考にしよう
    1. 三井住友VISAデビュープラスカードの評判・口コミ一覧
    2. 三井住友VISAデビュープラスカードの評判・口コミまとめ
  6. 【よくある疑問】三井住友VISAデビュープラスカードに関するQ&A一覧
    1. 三井住友VISAデビュープラスカードは審査が緩いって本当?
    2. 三井住友VISAデビュープラスカードの締め日と支払日はいつ?
    3. 三井住友VISAデビュープラスカードは26歳からゴールドカードに切り替わるって本当?
    4. 三井住友VISAデビュープラスカードの限度額を引き上げるには?
    5. 三井住友VISAデビュープラスカードの最新のキャンペーンを確認するには?
  7. 若者限定!三井住友VISAデビュープラスカードでお得に買い物をしよう!

三井住友VISAデビュープラスカードの7つの特徴・メリットを紹介!

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード
国際ブランド
VISA/Mastercard
電子マネー
iD/WAON/PiTaPa
年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
無料1,250円
(年1利用で無料)
1.0%~ワールドポイント
発行まで付帯保険
最短3日程度なし
限度額支払い方法
10~80万円一括/2回/分割/ボーナス/リボ

家族カード ETC

  • 18歳~25歳限定の若者向けクレカ
  • 年1回でも使えば年会費は実質無料
  • 常にポイント2倍で実質還元率は1%
  • 入会後3か月間はポイント5倍で還元率は2.5%
  • 26歳からは自動的にゴールドカードに切り替わる

若い世代のためのクレジットカードとして三井住友が発行している三井住友VISAデビュープラスカード、まずは基本的な情報を押さえておきましょう。

どこがお得なのか、発行に際しての条件はどうなっているのか、年会費はどうすれば無料なのか、など詳しく解説していきます!

1. 【25歳以下限定】学生や若手社会人向けのクレジットカード

18歳から25歳以下の学生・社会人だけが持てるのが三井住友VISAデビュープラスカードです。

26歳以降、三井住友系のクレジットカードの継続を希望する場合には、自動的にクラシックもしくはプライムゴールドにランクアップします。

若くしてゴールドカードを持つためのカードとしても人気になっていますよ!

限度額については、20歳以上で親権者の同意がない場合は10万円、同意がある場合は30万円となっています。

2. 年1回のカード利用で年会費1,250円が無料になる

通常では年会費1,250円となっている三井住友VISAデビュープラスカードですが、年1回の利用で翌年度の年会費が無料になります。

初年度は年会費無料なので、1年目から1度でも使うようにしておけば、実質年会費無料のクレジットカードとして使うことができますね!

また、三井住友VISAデビューカードでは追加カードとしてETCカードを作ることができますが、こちらも年会費無料は無料になっています。

3. 常にポイントが2倍で還元率は約1%になる

三井住友のクレジットカードは1,000円で1Pですが、三井住友VISAデビュープラスカードは1,000円で2ポイント付与されます。

たまったポイントは他のポイントやマイル、ギフトカード、商品へ交換することができます。

例えば、amazonギフト券、Google payギフトコード、AppleStore&iTunesギフトカードへの交換は1p=5円換算になるので、還元率では1%になります。

4. 入会後3か月間はポイントが5倍で還元率が2.5%になる

三井住友VISAデビュープラスカードは入会から3カ月間、通常1,000円で2Pのところ、1,000円で5ポイント還元される特典があります。

還元ポイント1ポイントは5円相当で使えるので、実質還元率は2.5%です。

入会から3か月間が圧倒的にお得なので、ある程度まとまった出費が見込まれる前に申し込むようにしたいですね。

旅行前やセール時期前、飲み会が多くなる時期に申し込む人が多いですよ!

5. Apple Payに対応している

三井住友VISAデビュープラスカードは、iPhoneユーザーに嬉しいApplePay対応のカードです。

スマートに決済できるApplePayも、お得にポイント還元が受けられるようになるのは良いですよね。

もちろんApplePayで支払っても、ポイント還元率は1,000円で2P(=10円相当)で変わりません!

6. ポイントアップモール経由でAmazon・楽天・LOHACOでの還元率が最大20倍になる

三井住友VISAカードの会員は「ポイントUPモール」という専用のポイントサイトを経由することで、お得にショッピングをすることができます。

これはもちろん、デビュープラスカードのユーザーも対象です。

楽天・Amazonはポイント2倍(実質還元率2%)、中にはポイント20倍のキャンペーンを開催しているショップもあります。

同じネットショッピングをするなら、お得に買い物したいですよね。

ポイントUPモールには色々なジャンルの提携店があるので、普段利用するサービスがないか、一度目を通しておくのがおすすめです。

ポイントアップモールをチェックする癖をつけておくと、ポイントが貯まりやすくなりますよ!

7. ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の優待が受けられる

USJ優待の概要
通常価格優待価格
4歳~11歳5,100円4,850円
12歳以上7,600円7,230円

三井住友VISAデビュープラスカードでUSJの1デイ・スタジオパスを購入すると、表のようにチケットが優待価格になります。

これ以外にも、カード会員限定の特別イベントへの応募チケットが当たるキャンペーンなど、USJに関する抽選にも参加可能です。

USJが近い人はもちろん、USJから遠い地域の人も抽選に参加したりできるので、十分恩恵が受けられますよ!

直接現地で購入でも、USJ WEBチケットストアにある「三井住友カード専用ページ」からの購入でも割引は適用されます。

三井住友VISAデビュープラスカードで貯まるワールドプレゼントを簡単解説!

三井住友VISAデビュープラスカードを使うと貯まるポイントは「ワールドプレゼント」です。

ここでは、このワールドプレゼントについて…

  • ポイントのお得な貯め方
  • ポイントの交換について
  • ボーナスポイントについて

このような情報を簡単に紹介しています。

よりお得に三井住友VISAデビュープラスカード使いこなすことができるようになるので、ぜひ目を通してみてくださいね!

ちなみに、より詳しいワールドプレゼントの解説については「三井住友VISAワールドプレゼント完全ガイド!還元率やおすすめ交換先を紹介!」でまとめています。

1ポイント=5円相当で色々なポイントや電子マネーなどに交換できる

交換先交換レート
楽天Edy1P=4円
dポイント1P=5P
楽天ポイント1P=5P
ビックポイント1P=5P
au walletポイント1P=5P
WAONポイント1P=4P,5P
三井住友プリペイド1P=5円
Tポイント1P=4P
ANAマイレージ1P=3~15マイル
amazonギフト券1P=5円
GooglePlayギフトコード1P=5円
iTunesギフトカード1P=5円

主なポイントの交換先を表にまとめました。

航空会社のマイレージ電子マネー各種ポイントに交換できることがわかりますよね。

交換レートも1:1ではなく、TOPレートが1ポイント=5円です。

デビュープラスカードでは1,000円利用で2ポイントが貯まるので、実質還元率が約1%となるわけですね。

これ以外にも商品券や家電と交換したりすることもできますが、レートが下がるのであまりおすすめはできません。

無難にいくなら、ここで紹介したようにライフスタイルにあわせてポイントに交換するのがおすすめです。

ポイントアップモールやココイコ!などでポイントが貯まりやすい

ココイコ

ワールドポイントを効率的に貯めるためのプログラムとして「ココイコ」や「ポイントアップモール」があります。

ココイコ」は事前にネットからエントリーをして、実際に店舗でカード決済をするとポイントがもらえるというプログラムです。

買い物する直前でもスマホからエントリーできるので、お得にショッピングする機会を逃さないような仕組みができています。

また、ネットショッピングでは、先ほども紹介したポイントアップモールを経由することでポイントがUPします。

ネットショッピングも実店舗での買い物でもお得になるプログラムが用意されています。積極的に活用していきましょう!

前年度利用額に応じてポイントがもらえるステージ制度がある

ステージ制度について
ステージ前年度に支払った累計利用金額利用額50万円到達ボーナス以降10万円ごとボーナス
V3300万円~150ポイント30ポイント
V2100万円~300万円75ポイント15ポイント
V150万円~100万円50ポイント10ポイント

前年の2月から1月の1年間の累計カード利用額によって、V1,V2,V3のステージに振り分けられます。

ステージについては、前年の2月から当年1月までの利用累計金額で、毎年見直しが行われる仕組みです。

ランク決定から、50万円利用した時のボーナスポイントそれ以降10万円ごとのボーナスポイントが、ステージによって違う、というシステムになっています。

通常の買い物を行ったときのポイント還元率には関係しません。

キャッシングでの利用、そして分割・リボをしたときの手数料、年会費、年金や一部保険料、電子マネーチャージなどは合算対象外となっています。

三井住友VISAデビュープラスカードのデメリット・注意点3つを確認しよう

ポイント還元が良く、お得度の高い三井住友VISAデビュープラスカードも万能ではありません。

使う上で気にしておくべきポイントデメリットになりうるような情報もしっかり把握しておく必要があります。

デメリットも理解しておくと、より安心して使っていくことができますよ!

1. 【留学用カードには不向き】国内旅行保険・海外旅行保険は付帯していない

国内旅行保険なし
海外旅行保険なし
ショッピングガード保険年間100万円まで

三井住友VISAデビュープラスカードには、国内・海外の旅行保険が付帯されていません。

そのため「海外留学や海外旅行用の1枚に!」という意味ではおすすめできないクレジットカードになります。

海外用として1枚持つなら、何かあったときの傷害保険などが付帯されているものを選びましょう!

海外で使えないわけではない
三井住友VISAデビュープラスカードは海外で使うことができないわけではありません。「1枚持っていくとしたら」おすすめできないだけで、クレカとしては普通に利用可能です。旅先・留学先に持っていくなら、デビュープラスカードと合わせて、保険付きのカードを用意すると良いですよ。

2. 利用限度額・キャッシング枠は小さめ

総利用枠0~80万円
ショッピング利用枠10~80万円
分割・リボ利用枠0~80万円
20歳以上の学生の利用可能額親権者同意あり:30万円
親権者同意なし:10万円
キャッシング利用枠0~50万円

三井住友VISAデビュープラスカードの限度額は全体的に低めに設定されています。

学生の場合の利用限度額は年齢に関係なく、親権者の同意がなければ10万円、同意があれば30万円です。

社会人として働いている場合でも、利用枠は10万円から80万円と小さめに設定されています。

キャッシング枠は0~50万円と、こちらも小さめに設定されているのも三井住友VISAデビュープラスカードの特徴です。

分割・リボは審査の結果利用できない可能性があることも把握しておきましょう。

3. 25歳までの年齢制限がある

18歳~25歳デビュープラスを発行・保有可能
26歳~クラシックカードまたは
プライムゴールドに自動切換

三井住友VISAデビュープラスカードには「18歳~25歳」という発行・保有条件が設定されています。

26歳をすぎた最初の更新のタイミングプライムゴールドカードへ自動的に変更されることを覚えておきましょう!

(プライムゴールドカードは20代専用のゴールドカードで、30歳を過ぎるとゴールドカードへランクアップします。)

希望があれば、年齢制限のないクラシックカードへの切り替えも可能です。

クラシックカード、プライムゴールドカードになると旅行傷害保険も付帯されます!

三井住友VISAデビュープラスカードと学生・若者向けの人気クレジットカードを徹底比較!

三井住友VISA
デビュープラスカード
楽天カードJCB CARD W三井住友クラシック
Aカード
年会費1,250円
(年1利用で無料)
永年無料永年無料1,500円
対象18歳~25歳~39歳
国際ブランドVISAVISA/Master
/JCB/AMEX
JCBVISA
貯まるポイントワールド
ポイント
楽天スーパー
ポイント
OkiDoki
ポイント
ワールド
ポイント
実質還元率1%~1%~1%~0.5%~
ポイント
サイト
ポイント
UPモール
OkiDoki
ランド
ポイント
UPモール
ポイント
UP店舗
なしENEOS,ESSOなどセブン,スタバなどなし
ポイントの使い勝手丸二重丸丸丸
限度枠10~80万円10~100万円10~100万円10~80万円
ショッピング保険丸バツ丸丸
旅行保険バツ丸丸丸
追加カードETC/家族カード
電子マネー機能WAON
ApplePay
iD
PiTaPa
ApplePay
楽天Edy
楽天ポイントカード
QUICPay
ApplePay
WAON
ApplePay
iD
PiTaPa
  • 電子マネーのWAON、iD、PiTaPaが使える
  • ポイント還元率が良い
  • 使えば年会費が無料になる!

このようなところが特徴的な三井住友VISAデビュープラスカード。

ほかにも、26歳になると自動的にゴールドカードが持てること、USJやチケットの優待が受けられることなどがあります。

海外旅行保険はないという残念な点もありますが、それ以外は非常に優秀なことがわかりますよね!

三井住友VISAデビュープラスカードとそのほかのクレジットカードについて、さらに詳しく解説していきます。

三井住友VISAデビュープラスカードとクラシックAカードの違いは?

三井住友VISA
デビュープラスカード
三井住友クラシック
Aカード
年会費1,250円
(年1利用で無料)
1,500円
対象18歳~25歳
ポイント還元率1%~0.5%~
旅行保険バツ丸

三井住友VISAデビュープラスカードとクラシックAカードの違いを抜粋すると、このような感じになります。

比較表をみるとわかりますが…

  • 年会費・還元率などお得さ重視…デビュープラス
  • 旅行保険重視…クラシックA

このような基準で選ぶのがおすすめです。

「旅行用の1枚を選びたい」という人はクラシックAでOKですが、意外と少数派だと思います。

「はじめての1枚に」と考えているなら、絶対的にデビュープラスのほうがお得になりますよ!

三井住友VISAカードCLASSIC A

三井住友VISAカードCLASSIC A
国際ブランド
VISA/Mastercard
電子マネー
iD/WAON/PiTaPa
年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
無料1,250円0.5%~ワールドポイント
発行まで付帯保険
最短3日程度なし
限度額支払い方法
10~80万円一括/2回/分割/ボーナス/リボ

家族カード ETC

  • ネットからの申し込みで初年度年会費無料
  • 最大2,000万円の海外旅行保険が付帯
  • 年会費1,500円のクラシックAでは保険がパワーアップ

三井住友VISAデビュープラスカードと楽天カードの違いは?

三井住友VISA
デビュープラスカード
楽天カード
年会費1,250円(年1利用で無料)永年無料
対象18歳~25歳
国際ブランドVISAVISA/Master
/JCB/AMEX
ポイントサイトポイントUPモール
ポイントUP店舗ENEOS,ESSOなど
旅行保険バツ丸
電子マネーWAON
ApplePay
iD
PiTaPa
ApplePay
楽天Edy
楽天ポイントカード

三井住友VISAデビュープラスカードと楽天カードは、はじめてのクレジットカードとしてよく比較される2枚です。

2枚には細かい違いはありますが、楽天系サービスをよく使う人は楽天カード、それ以外ならデビュープラスカードで問題ありません。

もっといえば、どちらも持っておいて適宜使い分けるのが最も賢い方法です。

楽天カードは提携店が多く、提示や利用でポイントがアップするので持っておいても損はありません。

一方、デビュープラスカードはゴールドカードへのランクアップが約束されていたりと、とくに男性にとっては「人前で出しても恥ずかしくないカード」としてもおすすめです。

楽天カード

楽天カード
国際ブランド
VISA/Mastercard/JCB
電子マネー
iD/楽天Edy/QUICPay
年会費ポイント
還元率
ポイント名
初年度2年目~
無料無料1.0%~楽天スーパーポイント
発行まで付帯保険
最短7日程度海外旅行、ショッピング
限度額支払い方法
10万円~100万円一括/分割/ボーナス/リボ

家族カード ETC

  • クレジットカードの中でもトップクラスにポイントが貯まりやすい
  • 楽天系サービスや提携店でポイント還元率UP
  • 貯まる楽天スーパーポイントは使い道が幅広い
  • 楽天カードを作るだけでポイントがもらえる
  • 年会費無料だからとりあえず持っておいてもOK

三井住友VISAデビュープラスカードとJCB CARD Wの違いは?

三井住友VISA
デビュープラスカード
JCB CARD W
対象18歳~25歳39歳まで
国際ブランドVISAJCB
ポイントUP店舗なしセブン,スタバなど
旅行保険バツ丸
電子マネーWAON
ApplePay
iD
PiTaPa
QUICPay
ApplePay

JCB CARD Wもはじめての1枚としておすすめされる、若者向けのお得なクレジットカードです。

年会費やポイント還元率では違いはほとんどありません。

デビュープラスとJCB CARD Wの違いを挙げると…

  • 国際ブランド(JCBの海外利用はちょっと不安)
  • 対応している電子マネー(表参照)
  • 三井住友はUSJ特典、JCBはディズニー特典

このようなところになります。

基本的にこの3点で比較して、どれを取りたいかで選ぶのがおすすめです。

迷う場合はもちろん、両方発行してしまっても問題ありません!

JCB CARD W

JCB CARD W
国際ブランド
JCB
電子マネー
QUICPay
年会費ポイント還元率
(実質還元率)
ポイント名
初年度2年目~
無料無料0.2%~ (1.0%~)Oki Dokiポイント
発行まで付帯保険
最短7日程度海外旅行、ショッピング
限度額支払い方法
10万円~100万円一括/2回/分割/ボーナス/リボ

家族カード ETC

  • ポイント還元率が常に2倍(1,000円利用で2ポイント=10円相当)
  • 入会後3か月間はポイント4倍
  • 39歳以下限定・WEB申し込み限定
  • セブンイレブン・スタバなどの提携店で還元率UP
  • ETCカード・家族カードの発行手数料・年会費無料

三井住友VISAデビュープラスカードの評判・口コミを参考にしよう

使い勝手の良いポイントが貯まりやすいこともあって、若い世代に人気の三井住友VISAデビュープラスカードですが、自分にとって本当に使えるカードか把握する決め手が欲しいですよね!

そんな時に嬉しいのが評判・口コミによる利用者の本音です。

いくつか紹介するので、自分にとって利用価値のあるカードなのか、判断する材料にしてみてください!

三井住友VISAデビュープラスカードの評判・口コミ一覧

三井住友VISAデビュープラスカードの評判・口コミまとめ

  • 学生におすすめ
  • 旅行保険はないけどVISAなので海外でも使える
  • ポイント還元率が良い&貯まりやすい
  • シンプルなデザインが良い

三井住友VISAデビュープラスカードについては、このような評判・口コミが目立ちますね。

「コールセンターへの通話料が有料」「利用速報のメールがない」といったデメリットも上がっていますが、ごく一部であることを考えると十分に優秀なカードであると言えます。

「ETCカードも実質年会費無料で持てる」ということで、ETCの追加カードの発行もおすすめです。

また、自然に友達におすすめしたくなるくらい、お得で使い勝手が良いカードだということが伝わってきますよね!

【よくある疑問】三井住友VISAデビュープラスカードに関するQ&A一覧

最後に、三井住友VISAデビュープラスカードのメリットやデメリット、利用者の声も知ったところで、Q&A形式でポイントをさくっとまとめておきます。

申し込み前に知っておきたいこと、使った後の気になる支払いのことなど掲載しているので是非申し込み前に軽くでも目を通してみてくださいね!

三井住友VISAデビュープラスカードは審査が緩いって本当?

三井住友VISAデビュープラスカードは18歳から25歳と若い世代のために発行されているクレジットカードです。そのため、そのほかの三井住友VISAカードと比べると、審査は比較的緩いと考えてもよさそうです。

なお、申し込み条件は「18歳以上(高校生以外)~25歳のすべての人」です。

三井住友VISAデビュープラスカードの締め日と支払日はいつ?

三井住友VISAデビュープラスカードの締め日と支払日には2つのパターンがあり、好きな方を選べます。

1. 15日締め・翌月10日支払い
2. 月末締め・翌月26日支払い 

この2パターンです。

三井住友VISAデビュープラスカードは26歳からゴールドカードに切り替わるって本当?

本当です。三井住友VISAデビュープラスカードは26歳を過ぎた最初の更新日にプライムゴールドカードという20代専用のゴールドカードに切り替わります。

ただし、ゴールドカードを希望しない場合は年齢制限なしのクラシックカードを希望することもできます。

三井住友VISAデビュープラスカードの限度額を引き上げるには?

三井住友VISAデビュープラスカードは公式ぺージから限度額引き上げの申し込みができます。ただし、限度額の引き上げは20歳以上の社会人に限定されていて、学生もしくは20歳未満の場合には電話で資料請求から行うことになります。また、引き上げの際には審査もあります。

なお、一時増額は学生でも以下の電話番号から申し込むことができます。

東京:03-6627-4211
大阪:06-6445-3505
受付時間:9:00~18:00(12/30~1/3を除き年中無休)

三井住友VISAデビュープラスカードの最新のキャンペーンを確認するには?

三井住友VISAデビュープラスカードでは随時入会キャンペーンが開催されています。

最新のキャンペーン情報については公式サイトから確認できます。

若者限定!三井住友VISAデビュープラスカードでお得に買い物をしよう!

  • ポイント還元率が良い
  • 貯まったポイントは汎用性が高い
  • 若い世代や学生が審査に通りやすいクレジットカード
  • 26歳を過ぎると自動的にゴールドカードを持つことができる

三井住友VISAデビュープラスカードの特徴、メリット・デメリットなどついてまとめてきました。

  • 年に1度でも使っていれば年会費実質無料
  • ポイントは貯まりやすく使い勝手が良い

お得に生活する為のサポーターとして優秀なクレジットカードであることがわかりましたね!

海外旅行時の保険がないのが残念なデメリットですが、他のカードとあわせて持つなど、デメリットはカバーすることができます。

何より使い勝手の良いポイントが貯まるクレジットカードなので、日常的にお得さを感じながら利用することができるのが嬉しい1枚です。

お得で便利な生活を始めるための1枚として、ぜひ使いこなして上手に節約してくださいね!

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード
国際ブランド
VISA/Mastercard
電子マネー
iD/WAON/PiTaPa
年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
無料1,250円
(年1利用で無料)
1.0%~ワールドポイント
発行まで付帯保険
最短3日程度なし
限度額支払い方法
10~80万円一括/2回/分割/ボーナス/リボ

家族カード ETC

  • 18歳~25歳限定の若者向けクレカ
  • 年1回でも使えば年会費は実質無料
  • 常にポイント2倍で実質還元率は1%
  • 入会後3か月間はポイント5倍で還元率は2.5%
  • 26歳からは自動的にゴールドカードに切り替わる
タイトルとURLをコピーしました