ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)ガイド!メリット・デメリット解説

ANA To Me CARD PASMO JCB ソラチカカード クレジットカード

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)とは、ANAカード、東京メトロのTo Me CARD、PASMO定期券が一体となったクレジットカードです。

  • ボーナスマイルが貯まる
  • ANAカード加盟店の利用でもANAマイルが貯まる
  • メトロポイントからの交換がお得

このような特徴があるソラチカカードは、ANAマイルを貯めている人は絶対に持っておくたいカードの1つです。

こちらのページでは、そんなANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)のメリット・デメリット貯まるポイント・マイル評判などについて解説しています。

これさえ読んでおけば、なぜANAマイラーがソラチカカードを持つべきかがわかり、効率よくANAマイルを貯めることができるようになります!

  1. ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の7つの特徴・メリットを徹底解説!
    1. 1. 通常還元率は0.5%!クレジット利用でOki Dokiポイントが貯まる
    2. 2. 2枚持ち不要のPASMO一体型!通常利用・定期購入・オートチャージでもポイントが貯まる
    3. 3. 東京メトロで乗車ポイントが貯まってお得になる
    4. 4. メトロポイントPlusで加盟店の利用がお得になる
    5. 5. ANAカード限定のサービスが使える
    6. 6. 国内航空保険・海外旅行保険が付帯している
    7. 7. QUICPayでnanaco利用の還元率が最大1.5%になる
  2. ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)で貯まる3種類のポイント・マイルを簡単解説!
    1. 【Oki Dokiポイント】クレジット利用で貯まるポイント
    2. 【ANAマイル】ボーナスマイルや飛行機搭乗で貯まる
    3. 【メトロポイント】東京メトロの乗車ポイントで貯まる
  3. ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)のデメリット・注意点3つを確認しよう
    1. 1. 本カード・家族カードともに年会費がかかる
    2. 2. 貯まるポイント・マイルが3種類で複雑になりがち
    3. 3. 通常利用では還元率が低め(ANAマイルを貯めていなければメリットが少ない)
  4. ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の評判・口コミを紹介!
    1. ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の評判・口コミ一覧
    2. ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の評判・口コミまとめ
  5. 【ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)のQ&Aまとめ】よくある疑問を解決しよう
    1. ポイントコースは5マイル/10マイル・マルチポイント/自動移行どれを選ぶべき?
    2. ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)でラウンジは使える?
    3. ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の審査情報や申し込みからの発行日数を知りたい
    4. ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の締め日・引き落とし日はいつ?
    5. ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の限度額を引き上げる(増枠する)には?
    6. ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の最新入会キャンペーンの情報が知りたい
  6. まとめ

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の7つの特徴・メリットを徹底解説!

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
国際ブランド
JCB
電子マネー
PASMO
年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
無料2,000円0.5%~Oki Dokiポイント, メトロポイント, ANAマイル
発行まで付帯保険
最短2週間程度国内旅行保険, 海外旅行保険
ショッピング保険
限度額支払い方法
審査時に決定一括/2回/分割/リボ/ボーナス

ETC 家族カード PASMO一体型カード

  • PASMO定期・オートチャージ対応
  • PASMOチャージ・定期購入でもポイントが貯まる
  • 東京メトロの乗車ポイントがお得
  • nanaco還元率は最大1.5%
  • ANAマイラー必見の「ソラチカルート」

このページで解説するソラチカカードのメリットは大きく7つです。

基本還元率やソラチカカードの概要など、お得に使いこなせるための方法を細かく解説していきます。

この機会に、ソラチカカードについて理解を深めておいてくださいね!

1. 通常還元率は0.5%!クレジット利用でOki Dokiポイントが貯まる

貯まるポイントOki Dokiポイント
(1ポイント=5円相当)
還元率0.5% (1ポイント/1,000円利用)

ソラチカカードを利用すると、利用額1,000円につきOki Dokiポイントが1ポイント貯まります。

Oki Dokiポイントは1ポイント5円相当なので、還元率は0.5%です。

還元率0.5%ってどうなの?
基本還元率としては”高還元率”とは言えません。還元率が高いクレカを選ぶなら1%を目安に考えましょう。

2. 2枚持ち不要のPASMO一体型!通常利用・定期購入・オートチャージでもポイントが貯まる

ソラチカカードの還元率
通常利用0.5%
PASMOチャージ0.5%
PASMO定期券購入1%

ソラチカカードはPASMO、クレジットカードの2つの機能が一体になっています。

PASMO一体型なので、ソラチカカードを持っていればPASMOカードを持つ必要はありません。

さらに、PASMOオートチャージ・PASMO定期券搭載にも対応していて、ポイントも貯まります。

還元率はPASMOオートチャージでは0.5%、PASMO定期券購入では1%です。

普通にPASMOを使うよりも確実にお得になるので、PASMOを使っている方は乗り換えを検討してみてもいいかもしれませんね。

定期券購入でのポイント付与
ソラチカカードでPASMO定期券を購入したときに付与されるポイントは「Oki Dokiポイント 0.5%」と「メトロポイント 0.5%」となっています。

3. 東京メトロで乗車ポイントが貯まってお得になる

東京メトロの乗車ポイント
平日5ポイント
休日15ポイント

ソラチカカードは通常利用で貯まるOki Dokiポイント以外にも、PASMOで東京メトロに乗ると東京メトロの乗車ポイント(メトロポイント)が貯まります。

乗車ポイントは東京メトロ1回乗車ごとに貯まり、平日なら5ポイント・土日祝日なら15ポイントです。

乗車ポイントは1回乗車するごとに貯まるので、往復で1日2回乗車するときには2回分のポイントが貯まります。

東京メトロを使う人は確実にお得になるポイント制度ですね。

定期区間内も乗車ポイントの対象?
PASMO定期区間内では乗車ポイントは対象外になります。定期区間内で何度乗車しても乗車ポイントは貯まらないので注意しましょう。

4. メトロポイントPlusで加盟店の利用がお得になる

メトロポイントPlus

メトロポイントPlusとは、ソラチカカードを登録すると使えるようになるポイントサービスです。

メトロポイントPlusに登録していれば、メトロポイントPlus加盟店や自動販売機でのPASMO決済利用につき1ポイントが貯まります。

対象加盟店・自動販売機は画像の加盟店マークが目印です。

メトロポイントを貯めるには事前登録が必要なので、忘れないうちに早めに登録しておいてくださいね。

対象店舗
売店(METRO’S)、Echika、Echika fit、Metro pia、Esolaなどロゴが掲載されているお店が対象です。

5. ANAカード限定のサービスが使える

ソラチカカードはANAカードの1つなので、ANAカード限定の共通サービスが使えます。

ソラチカカードならではの特典はもちろんですが、ANAカード特典もきっちり使いたおしましょう!

ANAカード限定サービス

フライトボーナス/継続ボーナスでマイルが貯まる

入会ボーナス1,000マイル
継続ボーナス1,000マイル
搭乗ボーナスマイル区間基本マイレージ × クラス・運賃倍率 × 10% マイル

ソラチカカードでは通常のフライトマイル以外に、入会・継続ボーナスやボーナスフライトマイル(搭乗ボーナス)でもマイルが貯まります。

入会・継続ボーナスは必ず毎年もらえるマイルで、もちろん飛行機に乗らなくても貯まります。

ボーナスフライトマイルは飛行機に1回登場するごとに「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%」の計算で獲得できるマイルです。

ANA便はもちろん、その他スターアライアンスの30社以上の航空会社の便の利用でもボーナスマイルが貯まります。

【ANAカードマイルプラス】100円または200円利用ごとに1マイルが貯まる

ANAカードマイルプラスとは、ANAカード加盟店での買い物でANAマイルが貯まる仕組みのことです。

Oki Dokiポイントとは別でANAマイルが貯まります。

マイル還元率は加盟店ごとに異なりますが、1%(1マイル/100円)または0.5%(1マイル/200円)です。

ANA加盟店ではソラチカカードを積極的に活用してANAマイルを貯めましょう!

主なANAカードマイルプラス加盟店
セブンイレブン、イトーヨーカドー、マツモトキヨシ、ENEOS、エッソ・モービル・ゼネラル、ニッポンレンタカー、高島屋、大丸、紳士服コナカなど

【会員優待割引】特定のサービスが割引になる

割引率概要
空港内免税店での割引5%羽田空港、成田空港、関西空港、那覇空港の免税店での購入額から割引
高島屋SHILLA&ANAでの割引5%高島屋SHILLA&ANAでの購入額から割引
国内線・国際線の機内販売割引10%ANA国内線、国際線およびエアージャパン便での機内販売品の購入額から割引
空港内店舗「ANA FESTA」での割引5%全国各空港にある「ANA FESTA」で1,000円以上の購入額から割引
成田空港でのパーキング割引最大20%セントラルパーキング成田での駐車料金が特別割引
「ANAショッピング A-style」での割引5%マイルが貯まる・使える「ANAショッピング A-style」での購入額から割引
ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANAワンダーアース割引販売5%「ANAスカイホリデー」、「ANAハローツアー・ANAワンダーアース」申込額から割引
ANAビジネスソリューション公開講座 受講料割引15%ANAグループが培ってきたノウハウをベースにした研修プログラムの受講料割引

ANAカード会員限定の優待割引一覧です。

空港関連での割引はもちろん、百貨店や旅行関連サービスでの優待特典があります。

空港内・高島屋の免税店での買い物がさらにお得になるのが嬉しいですね。

事前に確認しなければ気が付きづらいメリットなので、いまのうちによく確認しておきましょう!

6. 国内航空保険・海外旅行保険が付帯している

ソラチカカードの付帯保険
海外旅行最高1,000万円
国内旅行最高1,000万円
携行品

ソラチカカードには国内航空保険・海外旅行保険両方が付いています。

国内航空保険・海外旅行保険共に最大1,000万円です。

ただし、ソラチカカードの保険には病気やケガ、損害賠償などの保険はついていないことには注意が必要です。

ソラチカカードの保険で付帯しているのは、死亡・後遺障害保険のみになっています。

海外でケガをしたときの治療費や入院費は補償の対象外なので、その点だけは気を付けてくださいね。

7. QUICPayでnanaco利用の還元率が最大1.5%になる

ANA QUICPay+nanaco

ANA QUICPay+nanacoはソラチカカードを持っている人が申し込める、「スキップサービス」「QUICPay」「nanaco」の3つの機能が使える電子マネーです。

  • QUICPayが使えるお店…QUICPay払いでOki Dokiポイントが貯まる(0.5%)
  • nanacoが使えるお店…nanaco払いでnanacoポイントが貯まる(0.5%)
  • セブンイレブン…QUICPay払いでOki Dokiポイント(0.5%)とnanacoポイント(0.5)とANAマイル(0.5%)が貯まる

このように、セブンイレブンではQUICPay払いにすると3つのポイント・マイルが貯まります。

もちろんQUICPay払い・nanaco払い対応のお店でも十分お得です。

セブンイレブンでは圧倒的に還元率が高くてお得になるので、ぜひ覚えておいてくださいね。

ANA QUICPay+nanacoを申し込むには?
公式サイトの案内に従って、電子マネー(キーホルダー)を申し込みましょう。発行手数料300円がかかります。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)で貯まる3種類のポイント・マイルを簡単解説!

ソラチカカードのポイント

ソラチカカードで貯まるポイント・マイルは3種類です。

この3つのポイント・マイルの使い方や注意点も簡単に知っておくと、より上手にソラチカカードを活用できるようになります。

3種類のポイント

【Oki Dokiポイント】クレジット利用で貯まるポイント

Oki Dokiポイントの主な使い道
レートトータル還元率
キャッシュバック1P = 3円0.30%
Amazonで利用1P = 3.5円0.35%
ディズニーチケット1P = 4.9円0.49%
JCBギフトカード1P = 4.76円0.47%
JCBトラベル1P = 5円0.50%
nanacoポイント1P = 5nanaco0.50%
ベルメゾンポイント1P = 5ポイント0.50%
楽天スーパーポイント1P = 4ポイント0.40%
JALマイル1P = 3マイル0.30%
ANAマイル1P = 3マイル0.30%

ソラチカカードでは、クレジット利用1,000円ごとにOki Dokiポイントが1ポイント貯まります。

そんなOki Dokiポイントはキャッシュバック、JCB関連サービスでの利用、ポイント・マイル移行などの使い道があります。

表からわかるように、Oki Dokiポイントを最大限活用するなら

  • JCBトラベルの利用料金へ充当
  • 1ポイント=5円相当になるポイントへ移行
  • ANA/JALマイルへ移行

この3つの使い方がおすすめです。

マイルへの移行は一見還元率が低くも見えますが、だいたいは1マイル=2円相当になることを考えると十分お得ですよね。

Oki Dokiポイントの詳細は「Oki Dokiポイントの還元率や使い道を解説!おすすめ交換先5選も紹介!」も参考にしてみてくださいね。

【ANAマイル】ボーナスマイルや飛行機搭乗で貯まる

ソラチカカードでは入会・継続・搭乗ボーナスやANAカード特約店での利用でANAマイルが貯まります。

そのANAマイルの使い道は大きく分けて5つです。

  1. 提携ポイントに移行
  2. ホテル宿泊クーポンと交換
  3. ANA SKYコインに交換
  4. 航空券(座席)のアップグレード
  5. 特典航空券と交換

この中でも一番お得なのは「特典航空券と交換」で、ほとんどの人がこれを使います。

特典航空券とは、ANAマイルで交換(購入)できる国内線・国際線のチケット(航空券)です。

どの区間の航空券を購入するかで1マイルの価値は変わりますが、だいたい1マイル=0.5円~10円です。

ANAマイルを最大限活用するなら特典航空券一択なので、「何マイル貯まったらどこに行けるのか」もチェックしておくといいですよ!

【メトロポイント】東京メトロの乗車ポイントで貯まる

PASMOチャージ10ポイント→10円分
楽天ポイント・nanacoポイント移行500ポイント→500ポイント
ANAマイル移行100ポイント→90マイル

ソラチカカードでは東京メトロ乗車ポイント、メトロポイントPlus加盟店などでメトロポイントが貯まります。

そんなメトロポイントの使い道・使い方は表にある3つです。

PASMOチャージやポイント移行は1ポイント=1円相当で使えるようになっています。

ANAマイルへの移行は100ポイント→90マイルになりますが、これはかなり高レートです。

先に解説したように、ANAマイルは特典航空券に交換すると1マイルは0.5円~10円相当にもなります。

そのため、基本的にはANAマイル移行がおすすめです。

マイル移行には制限がある
メトロポイント→ANAマイルへの移行には「毎月1回・20,000ポイントまで」という制限があります。効率よくマイル移行できるように計画的にポイントを使いましょう。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)のデメリット・注意点3つを確認しよう

デメリット

ここまでたくさんのメリットを解説してきましたが、メリットだけのカードというものはなかなかありませんよね。

ここからはソラチカカードの3つのデメリットを解説していきます。

デメリットを知ることで、適切に対処しながら活用できるできるので、デメリットもしっかり抑えておきましょう!

1. 本カード・家族カードともに年会費がかかる

初年度2年目以降
本カード無料2,000円
家族カード1,000円

ソラチカカードはお得なメリットがたくさんありますが、本カード・家族カード両方に年会費がかかります。

初年度こそ無料ですが、2年目以降の年会費は本カードで2,000円家族カードで1,000円です。

家族カードは「家族で共通のポイントを貯められる」というメリットがありますが、年会費がかかるとなると慎重に選ぶ必要がありますね。

ETCカードは?
ソラチカカードのETCカードは年会費・発行手数料ともに無料です。完全無料で利用できます。

2. 貯まるポイント・マイルが3種類で複雑になりがち

ここまで解説してきたように、ソラチカカードでは「Oki Dokiポイント」「ANAマイル」「メトロポイント」の3つのポイント・マイルが貯まります。

用途が増える分、各ポイント・マイルの管理は少し複雑になりがちです。

3つのポイント・マイルをきっちり管理するには、まず各ポイント・マイルの使い道を決めることが大切です。

ソラチカカードで貯まる3種類のポイント・マイルを簡単解説!」で紹介したことを参考に、まずは用途をきっちり決めてみてくださいね。

3. 通常利用では還元率が低め(ANAマイルを貯めていなければメリットが少ない)

ソラチカカードの基本還元率は0.5%です。

また、使い方次第ではその還元率がupするとも解説してきましたが、ANAマイルを貯めていない方には正直メリットが小さくなります。

そのため、ANAマイルを貯めたい・貯めているという人以外には、基本的にソラチカカードはおすすめできません。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の評判・口コミを紹介!

ソラチカカードの評判・口コミ

ソラチカカードについて解説してきましたが、メリット・デメリットについてわかっても、具体的に利用するイメージがわかない人もいるかもしれません。

ここからは、実際にソラチカカードを使用している人の評判や口コミを紹介していきます。

実際に使っている人の声を参考にすれば、ソラチカカードがどうお得なのか・どう使うといいのかなど、よりリアルなところを知ることができます!

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の評判・口コミ一覧

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の評判・口コミまとめ

  • ANAマイルを貯めるなら必須のカード
  • ANAマイルがどんどん貯まる…
  • 年会費以上の価値はある
  • 数時間程度で審査に通った
  • ボーナスマイルが嬉しい

ソラチカカードではこのような評判・口コミがたくさんありました。

ANAマイルを貯めるなら持っておきたいクレジットカードだということがわかりますよね。

とくにメトロポイント→ANAマイルを交換率90%で交換できるところが高評価の理由になっています。

ANAマイルを貯めたい・使いたいと思っている人は申し込んでおいても損はなさそうですね。

【ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)のQ&Aまとめ】よくある疑問を解決しよう

ここまでメリットやデメリットなど、ソラチカカードについて解説してきました。

最後に、ソラチカカードでよくある疑問・質問をまとめています。

Q&A形式で簡単に確認できるので、ぜひ一度目を通しておいてくださいね。

ポイントコースは5マイル/10マイル・マルチポイント/自動移行どれを選ぶべき?

ソラチカカードを決済用に使いたい人は10マイルコース、ポイント移行ルート確保用(決済にあまり使わない)なら5マイルコースがおすすめです。また、自動移行は有効期限の観点からおすすめできません。基本的にマルチポイントを選択することをおすすめします。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)でラウンジは使える?

ソラチカカードでは空港ラウンジの使用はできません。渋谷駅の地下に設置されている渋谷ちかみちラウンジは利用することができます。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の審査情報や申し込みからの発行日数を知りたい

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の審査申込基準は「18歳以上で、 ご本人様または 配偶者に安定継続 収入がある方、または 18歳以上で学生の方 (高校生を除く)」となっています。安定した収入があれば問題ありません。また、発行日数は約2週間となっています。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の締め日・引き落とし日はいつ?

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)は毎月15日が締め日翌月10日が引き落とし日となっています。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の限度額を引き上げる(増枠する)には?

ソラチカカードの限度額を増枠するには、発行元であるJCBカードに連絡する必要があります。一時増額通常増枠では問い合わせ窓口が異なるので気をつけましょう。通常増枠は改めて審査が必要になります。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の最新入会キャンペーンの情報が知りたい

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の最新の入会キャンペーン公式サイトで確認できます。過去にはいくつの条件達成で3万マイル以上がプレゼントされるようなキャンペーンも開催されていたので、キャンペーン情報は忘れずにチェックしておきましょう。

まとめ

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)のメリット・デメリットや評判などについて解説しました。

ANAマイルを貯めるなら必須のクレジットカードということがわかったと思います!

ここまで紹介したことで、特に重要なポイントを5つに絞って改めてまとめますね。

  1. Oki Dokiポイント・ANAマイル・メトロポイントが貯まる
  2. PASOMO一体型でオートチャージ・定期搭載にも対応
  3. 入会・継続・搭乗でボーナスマイルがどんどん貯まる
  4. メトロポイント→ANAマイルの交換率90%が優秀すぎる
  5. ANAマイルを貯めるなら絶対持っておくべき

ソラチカカードは、決済用カードとしてOki DokiポイントからANAマイルを貯められるだけでなく、他ポイントからANAマイルに移行するときのルート作りとしても重要なカードです。

交換率90%でメトロポイント→ANAマイルの交換ルートを使えるのはソラチカカードだけなので、そのためだけに持つ人も少なくありません。

ANAマイルを貯めたい・使いたい人なら申し込んで損はしないので、とりあえず持っておくのも良いかもしれません。

また、ANAマイルがもらえる最新キャンペーンは常に更新されているので、公式サイトにも目を通してみてくださいね!

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
国際ブランド
JCB
電子マネー
PASMO
年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
無料2,000円0.5%~Oki Dokiポイント, メトロポイント, ANAマイル
発行まで付帯保険
最短2週間程度国内旅行保険, 海外旅行保険
ショッピング保険
限度額支払い方法
審査時に決定一括/2回/分割/リボ/ボーナス

ETC 家族カード PASMO一体型カード

  • PASMO定期・オートチャージ対応
  • PASMOチャージ・定期購入でもポイントが貯まる
  • 東京メトロの乗車ポイントがお得
  • nanaco還元率は最大1.5%
  • ANAマイラー必見の「ソラチカルート」

コメント

タイトルとURLをコピーしました