ANAマイルの有効期限は3年!期限を延長する3つのベストプラクティス

ANAマイル 有効期限 マイレージプログラム

ANAマイルは全日空が取り扱っているマイレージプログラムです。

よく飛行機に乗る人はもちろん、普段の買い物で貯めたポイントをANAマイルに交換して特典航空券などに利用する人も多いのではないでしょうか。

しかし、ANAマイルの有効期限は3年間なので、なかなかまとまったマイルが貯まらず上手に使いこなせていない人もいるかもしれません。

こちらのページでは、そんなANAマイルの有効期限を延長する方法をまとめています。

最後まで読めばANAマイルを上手に活用することができるようになりますよ!

スポンサーリンク

【ANAマイルの基礎知識】まずは基本からおさらい

基礎知識

こちらではANAマイルの有効期限に関する基本的な情報をまとめています。

自分に合った有効期限の延長方法を理解するには、まずは基本をおさえておくことをおすすめします!

基本的にANAマイルの有効期限は3年間

ANAマイルには基本的に3年(36ヵ月)の有効期限があります。

貯めたANAマイルは獲得した月から数えて36ヵ月後の月末まで有効です。

「新たにマイルが貯まると全てのマイルの有効期限が延びる」ということはありません。それぞれが3年間で有効期限切れになるので注意しておきましょう。

ANAマイルの有効期限を無期限にする方法は2つある

ANAマイルの有効期限が無期限になる方法
ANAマイルの有効期限
ダイヤモンドクラス「ダイヤモンドサービス」メンバーでなくなってから36ヵ月後の月末
ミリオンマイラー無し

ANAマイルの有効期限を無期限にする方法は次の2つです。

  • ANAのマイレージステイタスを「ダイヤモンドサービス」メンバーにする
  • ミリオンマイラーの資格を取得する

ミリオンマイラーは生涯、ダイヤモンドサービスはメンバーである間ANAマイルの有効期限が無期限になります。

ただ、どちらの方法も難易度が非常に高く、近いうちに有効期限が切れてしまうANAマイルを延長するための方法としては活用しづらくなっています。

ミリオンマイラーとは?
ANAマイレージクラブへ入会して現在までの総飛行距離(マイル口座に積算された搭乗分の区間基本マイレージの合計)をライフタイムマイル(LTマイル)と呼び、LTマイルが100万を超えた人をミリオンマイラーといいます。
スポンサーリンク

期限切れになるANAマイルの有効期限を延長する最善の方法とは?

ANAマイル 有効期限

ANAマイルの有効期限が3年なのは解説しましたよね。

ここではANAマイルの有効期限を延長する最善の方法をまとめています。

期限切れのマイルの量によって最善の方法は違うのでチェックしておいてくださいね!

マイルの有効期限を延長する最善の方法

【旅程が組めそうなら】特典航空券を発行する

特典航空券が予約できる日程
国内線1月下旬頃発売予定:3月の最終日曜日~10月の最終日曜日の直前の土曜日
8月下旬頃発売予定:10月の最終日曜日~翌年3月の最終日曜日の直前の土曜日
国際線355日前

旅程が組めそうならマイルが期限切れになる直前でとりあえず特典航空券を発行するのがおすすめです。

特典航空券は一度発行した後も日程が変更できるので、まずは旅行に行きそうな日時に予約を入れて後ほど変更することで、有効期限切れのマイルを有効活用できます。

キャンセルする場合の注意点
特典航空券をキャンセルする場合は手数料として3,000マイルがかかります。また、有効期限切れのマイルは返却されないので旅程を組めそうな可能性が高い場合に発行することをおすすめします。

【期限切れマイルが1万マイル以下のとき】ANA SKYコイン・提携ポイントに移行する

ANAマイルの主な移行内容
有効期限交換レート交換単位
ANA SKYコイン1年間1マイル=1コイン1マイル
楽天Edy最終利用日から4年間10,000マイル=10,000円分10,000マイル
楽天スーパーポイント最終利用日から1年間10,000マイル=10,000ポイント10,000マイル
iDバリュー3ヵ月10,000マイル=10,000円分10,000マイル
Tポイント最終利用日から1年間10,000マイル=10,000ポイント10,000マイル
nanacoポイント最大2年間(4月~翌年3月に移行した場合、翌々年3月末日まで)10,000マイル=10,000ポイント10,000マイル

有効期限を延長したいANAマイルが1万マイル以下の場合はANA SKYコインや他社の提携ポイント・電子マネーに交換するのがおすすめです。

提携先によっては有効期限が長く、チャージやポイント獲得を含めて利用さえしていれば実質無期限のものもあるのでチェックしておきましょう!

【期限切れマイルが1万マイル以上のとき】メトロポイントに移行する

ANAマイルとメトロポイントの移行内容
 有効期限交換レート交換単位
ANAマイル→メトロポイント最大2年間10,000マイル=10,000ポイント10,000マイル
メトロポイント→ANAマイル3年間100ポイント=90マイル100ポイント

有効期限を延長したいANAマイルが1万マイル以上ある場合、東京メトロのポイントサービス「メトロポイント」に移行することをおすすめします。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)というクレジットカードを所持していることが条件ですが、後々メトロポイントからANAマイルへ移行させたくなった場合でも100ポイント=90マイルと他の提携ポイントよりも少ない損失でANAマイルに戻すことができます。

有効期限が切れそうなANAマイル→メトロポイント→ANAマイルとして期限を伸ばすイメージです。

「しばらくANAマイルを利用する機会はないけど、いつかANAマイルとして使いたい」という人におすすめです!

ソラチカカードならANAマイルもどんどん貯まる
ソラチカカードは普段の買い物や飛行機搭乗はもちろん、入会時・継続時に1,000マイルがプレゼントされるなど、ANAマイルを貯めたい人には必須のカードです。
スポンサーリンク

【念のために覚えておこう】その他のANAマイルの期限を延長する方法を解説

ANAマイル 有効期限

有効期限を延長する最善の方法をまとめましたが、その他にもANAマイルの有効期限を延長する方法があります。

ここまで紹介した方法以外にも自分に合うものがあるかもしれないので、念のために確認してみてくださいね!

ANA利用券に交換する

ANA利用券への移行内容
有効期限交換レート交換単位
ANA利用券1年間10,000マイル=10,000円分10,000マイル

ANA利用券は航空券や機内販売商品、ツアー代金などの支払いに利用できるANAのクーポン券です。

有効期限が1年で交換単位が10,000マイルということもあり、1マイルから交換可能なANA SKYコインのほうが移行しやすいことや、機内販売商品などは電子マネーで対応できることが多いのであまりメリットは感じられません。

ANAショッピング A-styleで使用する

ANAショッピングポイントへの移行内容
有効期限1年間
交換レート10,000マイル=10,000円分
交換単位10,000マイル

ANAが運営している通販サイトのANAショッピング A-styleで使えるANAショッピングポイントに交換する方法です。

ANAショッピング A-styleではファッションやライフスタイル、グルメやヘルス&ビューティーだけでなく、ここでしか買えないようなANAオリジナル商品を取り扱っているのでANAが好きな人には魅力的ですよ!

ANAショッピング A-styleが直接ANAマイルを使用できるようになり、ANAショッピングポイントへの交換は2019年6月30日で終了することとなりました。マイルの有効期限を延長する目的では利用できなくなるので注意してください。

提携ショップのクーポンに交換する

提携ショップのクーポンへの移行内容
 有効期限交換レート交換単位最低購入金額
Safari Lounge翌々月の末日1,000マイル=1,000円分1,000マイル15,000円
ディノスeクーポン5,000円
ブルックス ブラザーズ ジャパン オンラインショップ3,000円
集英社 FLAG SHOP3,000円
GUNZE STORE4,320円
Zoff[ゾフ]オンラインストア3,000円
ル・クルーゼ 公式オンラインショップ5,000円

提携ショップのクーポンと交換する方法です。

交換レートが1,000マイルからなので、これらのオンラインショップを利用している人には自由度が高くANAマイルを使えるのは嬉しいですね!

寄付する

ANAマイルは寄付することもできます。

もしマイルの使い道にどうしても困った場合は期限切れで失効してしまうくらいなら寄付してしまうのも良いと思います。

寄付できる内容は環境サポートや社会起業家への支援、災害の支援など時期によって様々な寄付先があるため、詳しくは公式サイトより確認してみてください!

スポンサーリンク

まとめ

ANAマイルの有効期限切れを延長する方法を解説しました。

これまで紹介したことで特に重要なポイントを4つまとめますね。

  • ANAマイルの有効期限は基本的に3年間
  • 旅程が組めそうならとりあえず特典航空券を発行するのがお得
  • 1万マイル以下の場合はANA SKYコインや提携ポイントに移行するのがおすすめ
  • 1万マイル以上のときはメトロポイントに移行するのがおすすめ

ANAマイルの有効期限が切れて失効してしまうのは非常にもったいないので、色々な選択肢から選べるのは嬉しいですね。

ここで紹介した方法を参考に、ANAマイルを上手に貯めてお得にANAを使いこなしましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました