Amazonの配送料が高い!?送料無料にする方法や仕組みを徹底解説!

Amazon 配送料 Amazon

急激な需要増から、2018年4月には値上がりがあったAmazonの配送料

利用ユーザーとしては、少しでも配送料は抑えて利用したいですよね。

こちらのページでは、そんなAmazonでの配送料の仕組み送料を安くする方法についてまとめています。

これを読めば、基本的な送料の仕組みはもちろん、少しでも送料を安くするための具体的な方法まで身につけることができますよ!

Amazonの送料はいくら?2018年の値上げ後は400円~に

Amazonの配送料一覧
値上げ前(~2018/04/04)値上げ後(2018/04/04~)
本州・四国北海道・九州など本州・四国北海道・九州など
購入金額
2,000円未満
350円350円400円440円
購入金額
2,000円以上
無料無料無料無料
お急ぎ便360円500円540円
当日お届け360円本州一部
地域のみ
600円本州一部
地域のみ
当日・翌日
時間指定
360円本州一部
地域のみ
900円本州一部
地域のみ
Amazon
プライム会員
無料無料無料無料

上で紹介したのは2018年4月の送料値上げ前と値上げ後の料金です。

Amazonは2018年の4月に送料の値上げを行いました。

値上げの対象になったのはAmazonが販売・発送を行っている商品のみでマーケットプレイスの商品についてはこれまでと同じく、個別に送料が設定されています。

お急ぎ便にしたり、時間指定注文翌日までに届けるか、などでも送料は変わります。

ただしAmazonプライムの会員であれば、改定前と変わらず「基本的な送料」と「お急ぎ便」、キャンペーン終了までは「翌日までの到着時間指定の便」も無料で利用できます。

Amazonの配送料の仕組みを理解しよう

Amazon商品マーケットプレイス商品
Amazon直販商品マーケットプレイス商品
「この商品はAmazon.co.jpが販売・発送します。」「この商品は(ショップ名)が発送・販売します」

Amazonで注文できる商品は

  • Amazon」が直接販売している商品
  • マーケットプレイス」で個人もしくは企業が販売している商品

この2つのパターンがあります。

どちらのパターンなのかで送料が変わってくるのがAmazonならではのちょっとややこしいポイントです。

買おうとしている商品がAmazonから届くのか、そうではないのか見分けるためには、商品ページを見ればわかります。(上の画像を見てください)

  • 「この商品はAmazon.co.jpが販売・発送します」→ Amazon直販商品
  • 「Amazon.co.jpではなくショップ名記載」   → マーケットプレイス商品

このような仕組みになっています。

Amazonから販売されている商品の配送料を解説

Amazonの配送料の仕組み

Amazonの送料ってなんだか複雑でわかりにくい…と感じる方は多いかもしれません。

ここでは

  • Amazon直販商品の基本的な送料
  • 3日以内に届けてほしいときに便利なお急ぎ便
  • 日時指定をした場合
  • 当日もしくは翌日の指定時間までの配送の場合

このようないろいろな場合のの送料についても、わかりやすく解説していきます。

Amazon直販商品の配送料は基本的に一律400円

本州、四国への発送の場合、Amazon発送商品の基本的な配送料は400円です。

九州・北海道・離島の場合には+40円で440円となっています。

プライム会員は完全に送料無料です。

お急ぎ便や日時指定の配送は別料金がかかる

配送方法本州・四国北海道・九州・離島
お急ぎ便500円540円
時間指定500円540円
当日お届け600円対象外
当日・翌日の時間指定900円対象外

通常会員の場合、配送オプションを付けると表の金額がかかります。

こちらAmazonプライム会員になると、完全無料で利用することができます。

本来、プライム会員でも時間指定や当日・翌日の配送の場合は+300円がかかります。しかし、キャンペーン期間中(終了時期未定)のため実質的にはずっと無料で利用することができます。昨今の配送料の高騰を考えると、いつキャンペーンが終了してもおかしくないので、情報だけはチェックしておきましょう。

全商品まとめて2,000円以上注文で配送料が無料になる

Amazon直販商品は一度に2,000円以上注文すれば、基本的な送料は無料になります。

ただし時間指定にしたり、お急ぎ便にしたり、当日・翌日の到着を希望する場合には別途料金が必要になります。

この場合の料金は上で紹介した「お急ぎ便や日時指定の配送は別料金がかかる」の表を参考にしてください。

Amazonプライム会員は配送料が完全無料になる

商品がせっかく安く購入できても送料で台無し!になるのは絶対にイヤだ、と思う方におすすめなのが”Amazonプライム会員になる“ということです。

基本送料が無料なのはもちろん、お急ぎ便(3日以内でも当日・翌日でも)を利用しても送料は無料です。

配送先が離島・北海道・九州でも基本的な送料、可能な地域の場合のお急ぎ便も無料になります。

年会費が3,900円かかってきますが、翌日までの時間指定を年に6回頼めばほとんど元が取れます。

プレゼントやお歳暮などのギフトでも利用するならすぐに元は取れてしまう金額ですね。

Point
送料無料になる、というだけではなく動画などもみられるお得な会員プランなので、この機会にチェックしておきましょう。

マーケットプレイスで販売されている商品の配送料を解説

マーケットプレイス商品の配送料

Amazon直販ではない、個人や企業が販売している商品はマーケットプレイスの商品として扱われています。

直販とは送料の仕組みも違うのが厄介ですが、ここではできるだけわかりやすく解説したいと思います。

マーケットプレイスを利用する場合の送料の確認の仕方、商品によって異なる送料の仕組みまとめ買いをしても送料無料にはならないなど注意点をまとめています。

マーケットプレイスの商品購入の際の参考にしてください。

配送料は出品者によって異なる

Amazon 送料 確認

上の画像で赤い線で囲っている部分を見てください。

商品代金の隣に「+1000円 配送料」と記載がありますね。

マーケットプレイスではそれぞれの出品者が送料を設定しているため、この部分をチェックして送料を確認しましょう。

関東への配送料無料は間違い!?
関東への配送料無料、と表示されているのに注文したら送料無料だった、ということがあります。地域によっては関東と同じく無料になるケースもあり、注文確定直前の料金表示画面を見ると確認できます。

まとめ買いをしても配送料はまとまらないことに注意!

Amazon 配送料 まとめ買い

Amazon直販商品は2,000円以上で送料無料でしたね。

マーケットプレイスではまとめて購入してもそれぞれの商品に対して送料がかかる、という点は特に注意が必要です。

画像の商品の場合、1箱の注文では150円の送料がかかります。2箱注文しようとすると、送料が300円になります。

このように商品1個に対して送料がかかってくるので、まとめ買いをしてもお得にはならないということを覚えておきましょう。

本やCD・DVDなどは配送料が固定になっている

商品送料
257円
CD・レコード・DVD・PCソフト・TVゲーム350円
ビデオ391円
おもちゃ・ホビー・ベビー・マタニティ514円
その他のカテゴリ¥463 + ¥52/kg

マーケットプレイスの商品は、このように商品のカテゴリごとに送料が決められています。

例えば本を2冊、同じ出品者から購入したとすると、送料は257円ではなく2冊分で514円かかってきます。

まとめ買いをしても送料は特にお得にならないので気を付けましょう。

Amazonの配送料を無料にする4つの方法と細かい条件まとめ

Amazonの配送料を無料にする方法

Amazonの配送料の仕組みが理解できたら、それを無料にするにはどうしたらよいかを覚えておきましょう。

送料無料にする方法を具体的に解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

Amazonプライムに加入する

Amazon直販マーケット
プレイス
お急ぎ便日時指定当日指定
送料無料送料別途無料無料無料

Amazon直販商品であればどんな条件であっても配送料が無料になるのがAmazonプライム会員になる最大のメリットです。

お急ぎ便でも当日の指定でも無料になるのはAmazonプライム会員のみです。

Check
Amazonプライム会員になっていても、マーケットプレイスの商品は送料がかかるのは要注意です。

購入金額を2,000円以上になるように調節する

Amazon直販マーケット
プレイス
お急ぎ便日時指定当日指定
送料無料送料別途+500円+600円+600円

Amazon直販の商品は合計購入金額を2,000円以上購入すれば配送料が無料になります。

こちらも、マーケットプレイス商品では対象外なので注意が必要です。

2,000円以上注文してもお急ぎ便や時間指定をする場合にはオプション費用が掛かるということも考えるとAmazonプライム会員のメリットがより際立ちますね。

配送料無料の商品を選ぶ

Amazon直販マーケット
プレイス
お急ぎ便日時指定当日指定
送料無料

送料が基本的にはかかり、割高感も否めないのがマーケットプレイスです。

ですが、ショップによっては配送料が無料に設定されているところもあります。

これに関しては送料無料になるので、商品を選ぶときには送料も併せてチェックしてみてください。

Amazon直販商品は書籍と同時購入する

Amazon直販マーケット
プレイス
お急ぎ便日時指定当日指定
送料無料送料別途別途別途別途

Amazonは立ち上げ当初から取り扱いしている書籍に関しては、今も直販商品に限り送料は無料になっています。

さらに、合計2,000円以下の買い物であっても、同時購入で書籍が含まれれば全体の送料が無料になります。

欲しい本があってAmazonでちょっとした買い物をしたい、そんな時は本も一緒に注文するのがお得!ということになりますね。

Check
直販の書籍に限られます。中古のマーケットプレイスの本などでは送料無料にならないのは注意が必要です。

Amazonの配送料の仕組みを理解してお得に利用しよう!

Amazonの配送料についてまとめました。

基本的にAmazon直販商品か、マーケットプレイス商品かで配送料の仕組みが大きく異なることが理解できたと思います。

年に5,6回でもAmazonで時間指定、お急ぎ便での注文をするという方なら、送料のことだけを考えてもAmazonプライム会員に入っておいて損はありません。

どうしても入りたくないという方には送料を無料にする方法として、購入金額を2,000円以上に調整する方法、直販の書籍と一緒に注文する方法も紹介しました。

Amazonの配送料の仕組み・送料無料にする方法を理解して、お得に賢くAmazonでの買い物を楽しみましょう!

タイトルとURLをコピーしました